1: 数の子 ★ 2018/05/17(木) 20:56:09.49 ID:CAP_USER9
ユヴェントスGKジャンルイジ・ブッフォンが、今季限りでクラブを離れることを発表した。

20180517-00000021-goal-000-7-view

17年間に渡ってイタリア王者でプレーし、キャリア通算で26ものタイトルを獲得してきたブッフォン。40歳の偉大なGKは、今季限りでの引退がささやかれていた。

そして17日に行われた記者会見で、ユヴェントス会長アンドレア・アニェッリ会長が今季限りでユヴェントスを退団することを発表した。

ブッフォンは会見で、19日のセリエA最終節・ヴェローナ戦が最後の試合になると明かしている。

「恐れていたのは、“終わった選手”としてユヴェントスでのキャリアを終えることだった。だが、そうならなかったことに誇りを持っているよ。40歳になったが、僕の標準は超えるようなパフォーマンスを出来たよ。次の土曜日(19日)がユヴェントスでの最後の試合になるね」

なお、現役引退については来週判断すると語っている。
「来週、プレーを続けるかどうか最後の判断を下すよ。どんな決断になっても、ユヴェントスとは完璧な調和が生まれるだろうね。偉大なクラブであり、僕なしで未来の計画を立てる必要があると思う」

最後に、ユヴェントスの関係者すべてに感謝を述べた。
「すべてのユヴェントス・ファミリーに感謝したい。彼らは僕に精神面、パフォーマンス、そして信念を新たなステップに押し上げてくれたんだ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000021-goal-socc

続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/16(水) 05:12:14.79
ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本が国際サッカー連盟(FIFA)に届け出た予備登録メンバー35人のうち、海外組が過半数の19人に上ることが15日、分かった。

2312b365-s

日本協会はリストを非公表としているが、海外組には21日からの代表活動への理解を求めるため所属クラブなどに水面下で通達した。

 FIFAへの登録期限は本部チューリヒがあるスイス時間14日。つまり、日本時間で15日朝7時だった。日本も専用のオンライン登録ページに35人の名を記した。西野監督はシーズン真っただ中のJリーグを気遣い「動揺を避けたかった」とあえてリストを非公表とし、Jクラブには連絡を入れていない。

 その一方で、拘束力の発生する前から日本代表のために動きだすことになる海外組の所属クラブなどには、連絡を入れていた。

 “朗報”が届いた19人は以下の通り。

 ▽GK川島

 ▽DF長友、吉田、酒井宏、酒井高

 ▽MF長谷部、香川、柴崎、井手口

 ▽FW本田、岡崎、大迫、原口、宇佐美、乾、武藤、久保、浅野、中島

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00209721-nksports-socc

続きを読む

1: Egg ★ 2018/05/15(火) 00:21:15.28 ID:CAP
14日放送のNHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」(月曜・後10時25分)に、日本代表FW本田圭佑(31)=パチューカ=が出演。「ハリルジャパン」のW杯メンバーからの落選を覚悟したかのような発言を行っていた。

DdNSBycW4AAvffC

DdKXUcwUQAI7369

 2月から密着取材を受けていた本田は、3月の欧州遠征ではウクライナ戦(1●2)で先発したものの、後半19分に途中交代。特にアピールできないままに終わった。同遠征終了後のインタビューで本田は「(アピールできたか)微妙やと思う。自分を認めさせるには、勝利、得点に絡むような結果、ここがないと認めさせることは難しいという覚悟を持って挑んでる」。続けて「ハリルのやるサッカーに全てを服従して選ばれていく、そのことのほうが僕は恥ずかしいと思っている。自分を貫いた自分に誇りを持っている」と独自の表現で語った。

 「成り上がり人生にゲームオーバーがきた」と自身で認めたACミランでの挫折。退団後は欧州のクラブからもオファーはあったという。「ACミランの10番ですよ。欧州でオファーないわけないやん」。2400メートルの高地パチューカで心肺能力を鍛え直し、自身の長所である得点感覚に磨きをかけることに賭けたという本田。ハリルホジッチ前監督の電撃解任前に行われたインタビューだったため、欧州遠征の舞台裏や西野新監督体制へ向けた言葉はなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000285-sph-socc

続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/15(火) 18:01:38.25
スペイン1部リーグ・バルセロナのMFアンドレス・イニエスタが15日までに、スペインのラジオ局オンダ・セロとのインタビューで自身の新天地について言及。日本か中国かの二者択一とした上で「来週に発表できればと思っている」との見通しを語った。

bd8af65d-d780-8887-5d95-426c347121f8

 イニエスタは、今季限りでバルセロナを退団。次にプレーするチームについて「(出身地の)フエンテアルビージャからここへ来たのに次いで、大事な決定になる。中国と日本という舞台があり、それぞれにいいところがある。すべてを天秤にかけて検討する」と発言。さらに「一方のほうが、もうひとつより話が進んでいる」と、すでに移籍先が決まっているとも受け取られるニュアンスを含ませている。

 一部報道では元バルセロナ監督のグアルディオラ率いるイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティ移籍の可能性もあったとされるが「彼からメッセージをもらったのは事実だが、報道は不可解なもの。敵としてバルサと戦わない。僕にとってトップレベルのサッカーはバルサで終わる」としている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000089-dal-socc

続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/11(金) 16:01:51.31
 鹿島OBで元日本代表監督のジーコ氏(65)が11日、古巣のクラブハウスをサプライズ訪問した。

origi

20180511-00000333-sph-000-view


 前日10日夕方に成田空港着の航空機で来日を果たしたジーコ氏。この日は午前の練習が行われている中でクラブハウスを訪れた。練習場に同氏が姿を見せると、選手たちは一様に緊張の表情を見せ、母国の“レジェンド”(伝説)を前に、ブラジル人FWペドロ・ジュニオール(31)は背筋をピンと伸ばし硬直状態だった。

 かつての教え子、主将MF小笠原満男(39)らと握手をかわしたジーコ氏は、「頑張れ。1日1日を無駄にするな。後悔しないように。サッカーはいいときも悪いときもある。常に笑顔でいること。そうすればいいことが巡ってくるから」と激励した。

 同氏は1991年に鹿島の前身の住友金属に入団し、94年までプレー。プロ化するチームに勝利の哲学を植え付け、常勝軍団の礎を築いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000535-sanspo-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ