2018年05月

    1: れいおφ ★ 2018/05/29(火) 19:02:00.33 _USER9
    20180525-00763994-soccerk-000-1-view

    産業能率大のスポーツマネジメント研究所が29日、
    「サッカー日本代表に必要だと思う選手」の国民アンケート結果を発表した。
    この調査は、5月31日のW杯登録メンバー発表にあわせ、5月15~28日の4日間、インターネットで全国1万人を対象に行われた。

    989票と最も多くの票を得たのは、DF長友佑都(31=ガラタサライ)。理由別8項目のうち、「突破力」と「スタミナ」でも1位となった。
    2位はGK川島永嗣(35=メッス)、3位は香川真司(29=ドルトムント)と続いた。

    1位 長友佑都(989票)
    2位 川島永嗣(884票)
    3位 香川真司(775票)
    4位 内田篤人(771票)
    5位 岡崎慎司(675票)
    6位 吉田麻也(639票)
    7位 長谷部誠(631票)
    8位 本田圭佑(615票)
    9位 乾貴士(512票)
    10位 柴崎岳(441票)
    11位 大迫勇也(432票)
    12位 遠藤保仁(405票)
    13位 清武弘嗣(343票)
    14位 酒井宏樹(318票)
    15位 井手口陽介(311票)
    16位 宇佐美貴史(307票)
    17位 川口能活(288票)
    18位 槙野智章(273票)
    19位 浅野拓磨(269票)
    20位 酒井高徳(262票)
    21位 原口元気(252票)
    22位 中村俊輔(220票)
    23位 大久保嘉人(216票)

    https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/201805290000589.html

    【【調査】「サッカー日本代表に必要だと思う選手」 1位長友、2位川島、3位香川…】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2018/05/29(火) 16:31:04.04 _USER9
      DeRk8sdUQAAd7Vu

    大人気サッカー漫画「キャプテン翼」の作者の高橋陽一氏が28日、ツイッターを更新し、J1神戸に入団した
    アンドレス・イニエスタとの“夢の2ショット”をアップ。ネットは「破壊力がでかすぎる」など驚きの声が上がった。


     高橋氏は28日にツイッターを開設。「遅ればせながら、Twitter始めました」とファーストツイートを投稿した直後、
    自身の似顔絵を持つイニエスタとの2ショット写真をアップ。イニエスタの手には神戸のユニホームを着た自身の絵、
    高橋氏の手にはバルセロナのユニホームを着たイニエスタのイラストがあった。イニエスタは熱狂的な「キャプテン翼」ファンとしても知られる。

     この“夢コラボ”にサッカーファンは歓喜。「いきなり高橋陽一とイニエスタかよぉぉぉぉ!」
    「わぁ、イニエスタ、高橋先生に描いてもらったんだ」「イニエスタ効果で高橋先生がツイッター始められた!」
    「キャプテン翼は本当に世界から愛されている」「高橋さん!イニエスタ加入の影の功労者!」など驚きと喜びの声があがっていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000089-dal-socc

    5: 名無しさん@恐縮です 2018/05/29(火) 16:33:28.55
    相変わらず絵は下手くそだが、イニエスタはファンだから嬉しいだろうよ



    【【画像】イニエスタ、キャプ翼・高橋陽一氏と念願対面! “夢コラボ”】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2018/05/29(火) 21:39:14.82 _USER9
    自身のコンディションについて記者に問いかける一幕も

    20180529-00107093-soccermzw-000-9-view

    香川真司、“落選危機報道”を一蹴「僕としては問題ない」 記者に逆質問「どう思います?」

     日本代表は6月のロシア・ワールドカップ(W杯)に向けて、30日に国内壮行試合ガーナ戦に臨む。31日には本大会メンバー23人が発表されるなか、29日に前日練習を終えたMF香川真司(ドルトムント)は自身の落選危機を伝える報道に反論。コンディションについて「逆にどう思いますか?」と記者に“逆質問”する一幕もあり、「僕個人としては問題ないと思っている」と語気を強めた。


     日本代表は30日の国際親善試合ガーナ戦で、西野朗体制の初陣を飾る。6月19日にロシアW杯グループリーグ初戦のコロンビア戦を控えるなど本番が刻一刻と迫っているなか、注目を集めているのが本大会登録メンバー23人の選考の行方だ。

     香川は今年2月の試合で足首を負傷し、しばらく戦線離脱が続いた。5月12日のブンデスリーガ最終節で復帰を果たしたものの、試合勘やコンディションに一抹の不安を残しているなかで代表チームに合流している。また、西野ジャパンが3-4-2-1の新システム導入を試みており、香川は1トップの後ろに控える2シャドーの位置でプレーした。

     だが、2シャドーは激戦区の一つだ。代表トレーニングでの起用法を見る限り、宇佐美貴史と原口元気(ともにデュッセルドルフ)は主力組に近く、本田圭佑(パチューカ)と香川はそれに続く序列と見られている。そうした状況を受けて、一部では大会メンバー23人からの落選危機を指摘する声も浮上していた。

    報道に「いろんな見方があるので自由」 “一番大事”と口にしたのは…

     香川もそうした雰囲気を感じ取っているという。だが、自身のコンディションについては「逆にどう思いますか?」と記者に逆質問。そして「僕個人としては問題ないと思っている」と力を込めた。

    「いろんな見方があると思うので、それは自由。ただ一番集中しないといけないのは自分自身で、自分自身がどう感じるかが一番大事になってくるかと思っている。そこを問いただしてやっていきたい」と宣言した香川。「自分がどう感じるかが一番大事」と、ブレずに向き合う姿勢を鮮明に打ち出している。

     ガーナ戦での起用が濃厚と見られる10番は、自らの存在価値を証明できるだろうか。

    大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180529-00107093-soccermzw-socc

    【香川真司、“落選危機”を一蹴!「僕としては問題ない」記者に逆質問「どう思います?」】の続きを読む

    1: 久太郎 ★ 2018/05/29(火) 20:43:26.25 _USER9
    1部昇格のフォルトゥナ、堂安律や小林祐希に興味か…さらなる“日本人化”へ

    20180529-00000019-goal-000-2-view

    1部昇格を決めたフォルトゥナ・デュッセルドルフは、フローニンヘンFW堂安律やヘーレンフェーンMF小林祐希の獲得に動いているのだろうか。ドイツ紙『ヴェストドイチェ・ツァイトゥング』が伝えた。

    今シーズン、レンタルで加わっていたFW宇佐美貴史(アウクスブルク)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)の両翼が活躍し、ブンデスリーガ2部優勝を達成したフォルトゥナ。クラブは新シーズンに向けて2人の完全移籍での獲得を試みるとされるなか、新たな日本人選手にも狙いを定めているという。

    報道によれば、クラブはホルシュタイン・キールで2部得点王に輝いたFWマーヴィン・ドゥックシュの獲得を最優先事項とし、現在その所属元のザンクト・パウリと交渉に入っているとのこと。また、ミランで契約が今夏に満了となるFWナムディ・オドゥアマディやシュトゥットガルトのDFマティアス・ツィンマーマンに加え、オランダでプレーする堂安や小林に興味を抱いていると伝えられている。

    フォルトゥナ率いるフリードヘルム・フンケル監督は過去、フランクフルトでは高原直泰や稲本潤一、1860ミュンヘンでは大迫勇也らと数多くの日本人選手を指導。そんな“理解者“の下へ、宇佐美や原口以外の日本人選手が向かうことになるかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000019-goal-socc

    【デュッセルドルフ、堂安律や小林祐希に興味か?…さらなる“日本人化”へ】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/05/29(火) 13:24:07.65 _USER9
    西野監督率いる日本代表は27日で千葉県内での合宿を切り上げ、28日と29日は横浜市内の練習場でトレーニングメニューを消化。30日に壮行試合ガーナ戦(横浜・日産スタジアム)を迎える。

    20180529-00000017-nkgendai-000-1-view

     そして31日午後4時に「W杯本大会メンバー23人」の記者発表が行われる。合宿メンバー26人から「3人」が外れるワケだが、ここ8年エースナンバーの背番号10を背負ってきたMF香川が「当落線上」ともっぱら。

     元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏が言う。

    「21日にスタートした千葉合宿で香川の存在感は希薄でした。2月から3カ月、公式戦に出場できなかったが、その原因となった右足首痛が完治していないのでしょう。合宿ではプレーに精彩を欠き、持ち前の鋭いドリブル突破、アイデア豊富なパス交換も見られず、シュートではゴールの枠を外すこともしばしば。

     2年前の11月11日のテストマッチ・オマーン戦、同15日のW杯予選サウジアラビア戦のために茨城で合宿が行われたが、その時期の香川の印象は『1対1で相手を抜くのは難しいが、2対2や3対3ではパスのコンビネーションなどで突破できる』というもの。しかし今回の合宿では『パスのコンビネーションを使ってもモタつく』シーンが少なくなかった。代表での香川のプライオリティーは、かなり低いと言わざるを得ません」

     西野監督がチーム戦術に「3バック」を採用したことも、香川には「逆風」となっている。

    「守備に難点を抱えている香川が生きるシステムは4(DF)―2(ボランチ)―3(MF)―1(トップ)の3MFの真ん中です。しかし3バックのシステムでは、香川が存在感を示すことのできるポジションは見当たらない」(六川氏)

     香川落選! その可能性は十分にある――。

    日刊ゲンダイ 5/29(火) 12:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000017-nkgendai-socc

    【サッカー】<香川真司>W杯メンバーから落選か。日本代表、3バック導入で見えてきたチーム内の序列 ★3
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527498040/

    【日本代表・香川真司、3バック採用も逆風...「W杯メンバー外」の危機!】の続きを読む

    このページのトップヘ