2018年06月

1: 名無しさん@Times 2018/06/27(水) 08:21:38.92 _USER9
【ナイジェリア 1-2 アルゼンチン ロシアワールドカップ・グループリーグD組第3節】

DgpFqBpVAAA-oXR

 現地時間26日にロシアワールドカップ・グループリーグD組第3節の試合が行われ、アルゼンチン代表はナイジェリア代表と対戦し2-1の勝利をおさめた。この試合後、スタンドで観戦していたディエゴ・マラドーナ氏が体調を崩し病院に搬送されている。26日に英紙『サン』が報じた。

 試合開始して14分にリオネル・メッシが先制点を決めるも、51分にはPKをビクター・モーゼスに決められて同点に追いつかれてしまう。それでも86分、マルコス・ロホが強烈なボレーシュートを叩き込んで勝ち越しに成功。リードを守り切ったアルゼンチンが2-1の勝利をおさめている。この結果、アルゼンチンはグループ2位で決勝トーナメント進出を果たした。

 スタンドで観戦していたマラドーナ氏は喜びを爆発させたが、興奮しすぎたためか体調を崩したという。同紙によると、2人の男性に抱えられながら観客席の後ろにある部屋に戻りソファーに腰掛けたとのこと。その後、病院に搬送されたようだ。命に別状はなく、状態は安定している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180627-00277974-footballc-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/27(水) 13:45:51.76 _USER9
サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は26日に第3戦でポーランドと激突する。引き分け以上で突破が決まる一戦に立ちはだかるのは、すでに連敗で敗退が決まっているポーランド。

20180625-00000049-goal-000-4-view

過去に2度、連敗で敗退確定後の第3戦で勝利しており、油断はならない。エースFWロベルト・レバンドフスキは「降伏はできない。失うものは何もない」と“反骨の決意”を燃やしている。ポーランドメディアが伝えている。

 ポーランドが誇るストライカーは本領を発揮し、ロシアを去る。ポーランドのスポーツ紙「PRZEGLAD SPORTOWY」によると、23日の会見に出席したレバンドフスキは日本戦に向け、闘志を燃やしたという。

「我々は精神的に難しい状況を承知しているが、それでも我々は勝ち点と名誉のため世界大会をポジティブな手法で戦う」

 こう語ったという背番号9。今大会は初戦のセネガルに1-2でまさかの敗戦。第2戦のコロンビア戦も敗れて連敗を喫し、前評判に反する形でH組脱落1号となってしまった。

 それでも、ブンデスリーガ得点王は「降伏はできない。出場して戦わなければならない。失うものは何もない」と語ったといい、ファイティングポーズを取っている。

 敗退が決まっていても、闘志を燃やしているストライカーを日本のディフェンス陣は止められるのか。決勝トーナメントに進むためには乗り越えなければならない壁だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180627-00027757-theanswer-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/27(水) 04:54:05.91 _USER9
 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が26日に行われ、ナイジェリア代表とアルゼンチン代表が対戦した。

20180627-00784805-soccerk-000-2-view

 勝ち点3で2位につけるナイジェリアは勝てばグループステージ突破が決定。引き分けの場合は、同時刻開催のアイスランド代表対クロアチア代表戦の結果次第となる。一方、2戦未勝利で勝ち点1のアルゼンチンは勝利が絶対条件。そのうえでアイスランドが勝ち点を落とす、もしくは勝ち点で並んだ上で得失点差で上回ることができれば、決勝トーナメント進出となる。

 先制したのはアルゼンチン。14分、ロングボールでディフェンスラインの裏に抜け出したリオネル・メッシが絶妙なトラップでペナルティエリア内右に持ち込み、右足のシュートをゴール左に蹴り込んだ。ここまで苦しんできたエースの今大会初ゴールでアルゼンチンが早い時間にリードを得る。

 試合はこのままタイムアップを迎え、アルゼンチンが2-1で勝利。同時刻の試合でアイスランドがクロアチアに敗れたため、アルゼンチンが2位に浮上し、逆転で決勝トーナメント進出を決めた。

 アルゼンチンは決勝トーナメント1回戦でC組1位のフランス代表と対戦する。

【スコア】
ナイジェリア代表 1-2 アルゼンチン代表

【得点者】
0-1 14分 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
1-1 51分 ヴィクター・モーゼス(PK)(ナイジェリア)
1-2 87分 マルコス・ロホ(アルゼンチン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00784805-soccerk-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/27(水) 03:47:32.00 _USER9
[6.26 W杯D組第3節 ナイジェリア-アルゼンチン サンクトペテルブルク]

20180627-01655608-gekisaka-000-3-view

 待ちに待った大会初ゴールに、スタンドで見守ったディエゴ・マラドーナ氏の喜びも絶頂に達した。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは前半14分、MFエベル・バネガのスルーパスに反応。後ろ向きのまま太ももでおさめる“半端ない”トラップでPA内に駆け込むと、右足でゴールマウスに流し込んだ。

 第1戦ではPK失敗、第2戦では完全に孤立してしまい、ここまで無得点に終わっていたメッシ。敗退が目前に迫った第3戦では右ウイングで先発し、序盤から自由にボールに絡んだ。前半立ち上がりにファーストシュートを放つと、得意の裏抜けから先制点を叩き出した。

 スタンドに訪れていたマラドーナ氏はゴールが決まった瞬間、胸に十字を組んだポーズのまま天を見上げ、喜びに浸る姿を見せた。試合は前半35分現在、アルゼンチンが1-0でリード。他会場ではクロアチアとアイスランドが0-0の戦いを繰り広げており、このまま終わればアルゼンチンの勝ち抜けが決まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-01655608-gekisaka-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/27(水) 00:54:21.40 _USER9
 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が26日に行われ、オーストラリア代表とペルー代表が対戦した。

20180627-00784722-soccerk-000-2-view

 勝ち点1でグループC3位のオーストラリアは、突破に向けて勝利が絶対条件。先発にはアーロン・ムーイや主将のミル・ジェディナクらが入った。一方、36年ぶり出場のペルーは2連敗を喫し、すでに敗退が決定。それでもW杯で40年ぶりの勝利に向けて、母国の“英雄”で主将のパオロ・ゲレーロらが先発出場した。

 開始18分、ペルーの今大会初ゴールで試合が動く。ペナルティエリア内左でキープしたゲレーロがファーにクロスを送ると、アンドレ・カリージョが右足ダイレクトボレーを豪快にゴール左隅へ突き刺した。オーストラリアも反撃に出るが、チャンスを活かせず、前半はペルーの1点リードで折り返す。

 スコアが再び動いたのは後半の立ち上がり50分。クリスティアン・クエバがエリア内左に侵入すると、パスのこぼれ球をゲレーロが左足ボレーで押し込み、ペルーがリードを2点に広げた。オーストラリアは直後の53分、トミ・ユーリッチに代えてティム・ケーヒルを投入するなど交代策を図るが、反撃は実らず。

 試合はこのまま2-0でペルーが勝利。W杯では1978年のアルゼンチン大会以来、実に40年ぶりの白星となった。オーストラリアは勝利すれば突破の可能性もあったが、未勝利で敗退となった。

【スコア】
オーストラリア代表 0-2 ペルー代表

【得点者】
0-1 18分 アンドレ・カリージョ(ペルー)
0-2 50分 パオロ・ゲレーロ(ペルー)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00784722-soccerk-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

↑このページのトップヘ