カテゴリ: Jリーグ

1: 名無しさん@蹴球 2018/06/01(金) 21:17:40.46 _USER9
J1神戸 イニエスタ効果か チケット先行販売10倍増

20180526-00010000-jijv-000-thumb
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00000018-kobenext-socc

J1神戸は1日、7月のホーム開催2試合のチケットをファンクラブ会員に先行販売した。開始から3時間の売り上げは、通常の約10倍に上ったといい、完全移籍で加入したスペイン代表MFイニエスタ(34)への期待感が急激な販売増につながったとみられる。
先行販売は7月22日の湘南戦と同28日の柏戦。イニエスタの合流時期はワールドカップでの結果により、現時点では未定だが、神戸デビューの可能性がある2試合に申し込みが殺到した。

先月26日に本拠地・ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で行われた歓迎イベントには8281人が訪れるなど、イニエスタ人気は急上昇している。チケットの一般販売は5日午前11時から。J1神戸チケットセンター。

続きを読む

1: かばほ~るφ ★ 2018/05/30(水) 16:14:52.76 _USER9
「フェルナンド・トーレスが鳥栖移籍」 Jリーグ公式サイトに一時掲載→削除 「事実ない」
2018/5/30 15:45

DebqEKVU0AAvRjW

アトレティコ・マドリ―ド(スペイン)に所属するサッカー元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス選手が、
J1・サガン鳥栖に「完全移籍で加入」すると伝える記事が、
Jリーグ公式サイトに掲載されていたことが2018年5月30日、分かった。

ただし、その記事は少し様子がおかしい。掲載が「5月31日18時14分」付、つまり未来の日時なのだ。

■「トーレスの加入に際し、●が以下のようにコメントしています」

公式サイトの当該記事は冒頭、
「サガン鳥栖は●日、アトレティコ・マドリ―ド(スペイン)よりFWフェルナンド トーレスが
完全移籍で加入することを発表しました」(記号含め原文ママ。以下同)
と、トーレス選手の鳥栖移籍を明示。

また「トーレスの加入に際し、●が以下のようにコメントしています。『●●』」などとも記載があり、
関係者や、トーレス選手自身の言葉も書き加えられる予定になっているようだ。

トーレス選手の去就をめぐっては、鳥栖への移籍がここ最近報道で取り沙汰されていたが、
リーグやクラブからの公式発表が出てこず、本当にJリーグ入りするかどうかは大きな関心事となっていた。

ただ、冒頭で示したように日付が正常でないことから、何らかのトラブルがあった可能性がある。

J-CASTニュースは30日、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に確認したところ、
広報担当者は「ホームページ担当の者が操作を誤って出してしまったもので、人為的なミスです」と説明。

そして、内容の真偽をめぐっては
「トーレス選手の鳥栖への移籍は、まったく事実ではございません」
と否定した。

では、なぜこのような文章が執筆されたのか。広報担当者は「準備していたものの1つですが、
なぜこのような記事を準備していたかについては確認できていません」と話していた。
J-CASTニュース編集部が確認の電話を入れた直後の30日15時ごろ、問題の記事は閲覧できなくなった。

J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2018/05/30330002.html
Jリーグ公式サイトに一時掲載されていた記事画面のスクリーンショット。現在は閲覧できない
https://www.j-cast.com/assets_c/2018/05/news_20180530153744-thumb-autox380-138236.jpg

続きを読む

1: Egg ★ 2018/05/27(日) 12:59:27.69 _USER9
22年間アーセナルを指揮したアーセン・ベンゲル氏に、Jリーグ復帰の可能性が浮上した。英『デイリー・メール』が伝えている。

 ベンゲル氏は、1995シーズンから名古屋グランパスの監督を務め、1996年8月にアーセナルに移籍。そこから22年間アーセナルを指揮し、今シーズン限りでその役目を終えた。68歳という年齢から監督業引退も囁かれ、パリSG会長への就任が報じられていた。しかし、ベンゲル氏は監督業を続けるようで、その去就に注目が集まっている。

 同紙によると、ベンゲル氏は適切なオファーがあれば、日本復帰も真剣に考えるとのこと。今月バルセロナの世界的スーパースター、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸加入が決まり、かつてないほど注目を集めているJリーグ。FWフェルナンド・トーレス加入も噂される中、ベンゲル氏も日本にやってくるのだろうか。

ゲキサカ 5/27(日) 12:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-01654306-gekisaka-socc

20180527-01654306-gekisaka-000-1-view

ヴェンゲル、1996年以来のJリーグ復帰を選択肢に?英紙報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000010-goal-socc

ヴェンゲル、22年ぶり日本復帰も? 「オファーがあれば真剣に検討」と英紙https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180527-00271300-footballc-socc

続きを読む

1: ゴアマガラ ★ 2018/05/26(土) 21:41:50.15 _USER9
12歳から名門バルセロナで過ごしたイニエスタは、選手としてだけでなく、育成面でも期待が大きい。自身も乗り気で「ユースシステムから貢献し、人材も連れてきたい」と三木谷会長に伝えている。

 1899年創設のバルセロナは「カンテラ」と呼ばれる下部組織を運営し、トップチームと同じ戦術を採用するなど育成法を一貫させている。
イニエスタのほか、アルゼンチン代表FWのメッシもカンテラの出身だ。

 神戸の下部組織は既に日本トップクラスの力を誇る。U-18(18歳以下)は昨季、高校生年代最高峰のプレミアリーグ西地区を制覇。
エースだったMF佐々木は今季Jリーグで早速ゴールを決め、昇格3年目のDF藤谷は2020年東京五輪の有望株として期待されている。

 現状に満足せず、さらなる発展に向けた切り札が、イニエスタだ。推定年俸約30億円の巨額投資も、バルセロナ式のパスサッカーを推進するトップチームの強化だけでなく、
育成スタイルをも取り込むためだった。バルセロナからのコーチ派遣も検討されている。

 名手に育成の伝道師としての役割も求める三木谷会長は「(神戸の)育成システムが手本になるように」と語り、アジアのナンバーワンクラブへの歩みをさらに加速させる。(有島弘記)

20180526-00000026-kobenext-000-3-view

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00000026-kobenext-socc

続きを読む

1: あずささん ★ 2018/05/26(土) 17:20:08.36 _USER9
スペイン1部リーグのバルセロナからJ1神戸入りした同国代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が26日、本拠地のノエビアスタジアム神戸で行われた歓迎イベントに出席した。背番号8のユニホーム姿で登場すると、約8300人のファンからは大歓声。イニエスタは「皆さんと一緒に神戸をより偉大にしていきたい」と呼び掛けた。

20180526-00010000-jijv-000-thumb
DeF1evIUwAEQDRK

  
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00010000-jijv-spo

続きを読む

↑このページのトップヘ