カテゴリ: Jリーグ

1: Egg ★ 2018/05/23(水) 23:12:26.38 _USER9
J1神戸入りが決まったスペイン代表のMFイニエスタ(34)。今後は加入後の背番号選びに注目が集まる。
正式発表と同時に披露されるとみられるが、同国の名門バルセロナで愛用した「8」は既に神戸で使われている。

イニエスタはバルセロナ歴代2位の674試合に出場し、その大半で「8」を背負った。
現地時間20日の退団セレモニーでは本拠地のスタジアムに、背番号を横向きにした「∞(無限大)」の垂れ幕が下がり、クラブが敬意を表した。

ただ、神戸ではMF三田が着用しており、Jリーグはシーズン中の背番号変更を認めていない。若い数字で空いているのは「7」だけだ。
ちなみに、昨夏加入し、「10」を背負う元ドイツ代表FWポドルスキ(32)については、神戸がシーズン前に背番号を空けて待っていた。

956704492a-800x533

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000022-kobenext-socc

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/05/23(水) 17:00:18.41 _USER9
サッカースペイン代表 イニエスタ J1神戸に移籍へ 5月23日 16時59分 サッカーのスペイン代表で、2010年のワールドカップ南アフリカ大会で優勝を経験した世界屈指のミッドフィルダー、アンドレス・イニエスタ選手が、J1のヴィッセル神戸に移籍することになりました。

Dd3h8W3VQAA2s4h

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180523/k10011449521000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

続きを読む

1: ゴアマガラ ★ 2018/05/23(水) 08:39:22.72 _USER9
2126

アトレティコ・マドリーを退団するFWフェルナンド・トーレスは、サガン鳥栖への移籍が近づいているようだ。スペイン『カデナ・セール』が伝えた。

今季限りで、約10年間を過ごした愛するアトレティコを退団する決断を下したトーレス。先日ラストマッチを終えた34歳の元スペイン代表ストライカーは、日本への移籍を決断したようだ。

スペインの大人気サッカー番組『エル・ラルゲーロ』は、サガン鳥栖はトーレスに2年半契約を提示したと伝えた。選手はアメリカや中国からもオファーを受けているが、
「サガン鳥栖は、トーレスとの契約に最も近づいている」として、「まだ合意はしていない。しかし繰り返すが、移籍する可能性が最も高いクラブだ」としている。

また、ヴィッセル神戸への加入が噂されるアンドレス・イニエスタに言及しつつ、「興味深いことにイニエスタと同じリーグに移籍することになる」と報道。
そして、「鳥栖との移籍合意は数日中に決まる。今月末か、来月頭にも決まる模様だ」としている。

2001年、17歳でアトレティコのトップチームデビューを果たしたF・トーレス。その後、リヴァプールへと移籍し、142試合出場82ゴールを記録した。2011年には、当時のイングランド史上最高額となる5000万ポンドでチェルシーに加入。
2012年には、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ制覇に貢献し、その翌年にはEL優勝も達成した。そしてミランを経て、2015年からは愛するアトレティコに復帰している。

計10年近くアトレティコでプレーしており、絶対的なクラブのアイコンである“エル・ニーニョ(トーレスの愛称、子供、少年の意)”。
サポーターからの愛情も深く、2015年の復帰セレモニーでは、4万5000人もの観衆がその姿をひと目でも見ようと詰めかけている。

また、スペイン代表として110キャップを記録。2008年、2012年のEURO連覇や、2010年のワールドカップ制覇も経験するなど、数々の栄冠を手にしている。

スーパースターが明治安田生命Jリーグでプレーしている姿を、間もなく見ることが出来るのかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000000-goal-socc

続きを読む

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/23(水) 05:08:56.64 _USER9
イニエスタがJリーグ動かした、来季外国人枠撤廃へ
2018年5月23日5時0分 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/soccer/news/201805220000965.html

201805220000965-w500_0

イニエスタがJを動かした。Jリーグが、外国籍選手枠撤廃の検討に入ったことが22日、分かった。この日、東京・文京区のJFAハウスで実行委員会を開き、各クラブの代表者に伝えた。
このほど、ヴィッセル神戸はバルセロナからアンドレス・イニエスタ(34)獲得に成功。すでに外国人選手枠が埋まっていることなどで、チームが不利益を受ける可能性がある。その改善策として来季からの外国人枠緩和&撤廃が実施される見込みとなった。

◆今季Jリーグの外国籍選手枠 登録は1チーム5人以内。試合にエントリーできる外国籍選手は3人以内となる。ただし、アジアサッカー連盟(AFC)加盟国の選手は1人だけ追加エントリーでき、Jリーグが提携国として定める国籍の選手も「提携国枠」として外国籍選手ではないものとみなされる。
つまり、1チーム最大5人の外国籍選手の出場が可能。現在の提携国はタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタール。オーストラリアとスペインも提携国だが、選手登録の提携国枠には含まれない。

続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/20(日) 17:55:28.73 _USER9
■J1第15節 広島 0-2 C大阪 広島:なし C大阪:高木(81分、84分)

20180520-00010004-goal-000-2-view

明治安田生命J1リーグ第15節、サンフレッチェ広島対セレッソ大阪が20日、エディオンスタジアム広島で開催された。首位の広島は4連勝中。

C大阪は、J1第14節・鹿島アントラーズ戦が7月25日に行われるため、5日のJ1第13節・V・ファーレン長崎戦以来の試合となった。

西野朗監督が率いる日本代表メンバーに選ばれた広島MF青山敏弘とC大阪MF山口蛍はともに先発出場。どちらのチームの「背番号6」が中盤を仕切るかに注目が集まる。

試合は2-0でC大阪の勝利。5戦負けなしとなった。対する広島の連勝は4でストップ。2018FIFAワールドカップ・ロシアによる中断前、最後の試合を黒星で終えることになった。なお、J1リーグ戦は7月18日に再開される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00010004-goal-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ