カテゴリ: Jリーグ

1: Egg ★ 2018/05/19(土) 05:27:18.14 _USER9
神戸が獲得に乗り出し合意に向けて秒読み段階に入っていたバルセロナのスペイン代表MFイニエスタ(34)が、今月24日にも来日することが18日、分かった。

三木谷浩史会長が自ら交渉を進めてきた中で、複数の関係者によると、すでに来日のスケジュールが組まれたことが判明。
早ければ、W杯による中断期間に入る週明けにも完全移籍での獲得が正式発表される。

三浦淳寛スポーツダイレクターは「自分は知らない」と話してきたものの、神戸側は今夏からの3年契約で、年俸は2500万ユーロ(約32・7億円)から3000万ユーロ(約39・2億円)あたりで交渉を進めてきた。
イニエスタ自身は現地メディアに対し20日のリーグ最終節、Rソシエダード戦後に去就を明かすことを示唆しており、その新天地は中国やオーストラリアではなく、神戸になる見込みだ。

Jリーグの第2登録期間は7月20日からとなっており、神戸デビューは最短で同22日の湘南戦(ノエスタ)。
ただ、W杯の決勝が同16日に組まれており、順当にスペイン代表に選出され勝ち進んだ場合は、その後にオフを設けられることから、神戸合流がずれ込むことになる。
いずれにせよ、世界的スターがJリーグでプレーする日がカウントダウンに入った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00000006-spnannex-socc

20180519-00000006-spnannex-000-view

J1ヴィッセル神戸が、バルセロナを退団するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ選手(34)と移籍合意に至ったことが18日、分かった。

関係者によると、20日のスペインリーグ閉幕後に正式発表される。複数年契約で、W杯直前のスペイン代表合宿合流前の来週中に来日し、正式契約後、東京都内で記者会見が行われる。

既に神戸の親会社楽天ではイニエスタ加入後の積極的な営業や宣伝等、業務を推進する通達がされているといい、会見の準備も行われている。
もともと神戸側はバルセロナとスポンサー契約を結ぶ楽天の三木谷浩史会長兼社長が自らスペインに渡り交渉するなど誠意を見せてきた。
一騎打ちとなっていた中国スーパーリーグの重慶も手を引いたもよう。神戸側は最大3500万ユーロ(47億3000万円)の年俸も用意しており、円滑に交渉が進んだ。

イニエスタはバルセロナの生え抜きで欧州CLを4度制覇。10年W杯南アフリカ大会での母国優勝にも貢献した。4大会連続出場となるW杯メンバー選出も目前。
大物外国人は昨夏に加入した元ドイツ代表FWポドルスキ以来となる。W杯前に「神戸イニエスタ」がいよいよ誕生する。

◆アンドレス・イニエスタ 1984年5月11日、スペイン・アルバセテ生まれ。10歳で地元アルバセテの下部組織に入団し、12歳からバルセロナの下部組織に入団。
02年プロデビューし04年からレギュラーに定着。今季はリーグ優勝のほか、スペイン国王杯4連覇を達成。国際Aマッチ通算129試合13得点。171センチ、68キロ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180519-00212745-nksports-socc


続きを読む

1: 豆次郎 ★ 2018/05/18(金) 04:16:32.45 ID:CAP_USER9
 今季限りでスペイン1部バルセロナを退団する同国代表MFアンドレス・イニエスタ(34)がJ1神戸に入団することで合意したことが17日、分かった。イニエスタがバルセロナでの最終戦となる20日(日本時間21日)のRソシエダード戦後に発表され、その後、来日して会見が行われる見込み。いよいよJリーグに世界屈指のプレーヤーがやってくる。

bd8af65d-d780-8887-5d95-426c347121f8

 正真正銘、世界最高峰のMFを日本で見られる日がやってくる。神戸関係者によると、イニエスタ本人とロシアW杯後の加入で合意。週明けにも発表し、イニエスタ本人が来日して交渉に携わった楽天・三木谷会長とともに会見する予定という。獲得報道のあった中国、オーストラリアのクラブとの競争を制した形だ。

 三木谷会長は16日、ルヴァン杯・鳥栖戦(ノエスタ)を観戦したが、報道陣との接触は避けて超大物獲得について一切語らず。しかし、交渉は水面下で着実に進展していた。イニエスタは近日中に発表されるW杯スペイン代表に名を連ね、自身4度目の大舞台に臨むことが確実。優勝候補の一角に推されるスペインが7月15日の決勝へ勝ち進んだ場合、チームへの合流は約1か月の休養でコンディションを万全にした後の8月中旬となりそう。チームへの適応期間も考えると早ければ8月26日の横浜M戦(ノエスタ)がJデビューの有力候補。現在リーグ7位につけるチームの上位浮上を担うことになる。

 バルセロナで欧州CLを4度制し、スペイン代表としても10年のW杯、08、12年の欧州選手権を優勝。バルサと“無敵艦隊”の心臓部として、欧州サッカーの王道を歩み続けてきた。今月8日にスペインメディアが報じた際の契約内容は年俸2500万ユーロ(約32億5000万円)の3年契約で、昨年加入した元ドイツ代表FWポドルスキの推定年俸500万ユーロ(約6億円=レートは当時)の5倍以上。Jリーグでは破格の金額が、イニエスタの価値を物語る。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000069-sph-socc

続きを読む

1: THE FURYφ ★ 2018/05/15(火) 11:12:37.05 ID:CAP_USER9
磐田はブラジルのトンベンセから期限付き移籍していたDFギレルメの契約解除を15日、発表した。
2日の横浜M戦の後半35分、ギレルメは審判に抗議を行い2枚目の警告。退場となり逆上。
近くにいた横浜M・MF喜田拓也(23)のでん部付近を左足でけり上げた。怒りは収まらず味方の
制止を振り切り、横浜Mスタッフに左肘で突いた。

bd445_854_b9b554c5_34f8688a

11日にJリーグ規律委員会は6試合の出場停止を受けた。木村稔社長(63)は「もう一度チャンスを
与えるか相当悩んだ。ただ今回が初めてではない。鹿児島キャンプの練習試合含めラフプレーが
散見していた」と話した。15日の練習前、ギレルメはミーティングで磐田の選手たちに感謝の意を
示したという。



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000039-sph-socc

続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/11(金) 16:01:51.31
 鹿島OBで元日本代表監督のジーコ氏(65)が11日、古巣のクラブハウスをサプライズ訪問した。

origi

20180511-00000333-sph-000-view


 前日10日夕方に成田空港着の航空機で来日を果たしたジーコ氏。この日は午前の練習が行われている中でクラブハウスを訪れた。練習場に同氏が姿を見せると、選手たちは一様に緊張の表情を見せ、母国の“レジェンド”(伝説)を前に、ブラジル人FWペドロ・ジュニオール(31)は背筋をピンと伸ばし硬直状態だった。

 かつての教え子、主将MF小笠原満男(39)らと握手をかわしたジーコ氏は、「頑張れ。1日1日を無駄にするな。後悔しないように。サッカーはいいときも悪いときもある。常に笑顔でいること。そうすればいいことが巡ってくるから」と激励した。

 同氏は1991年に鹿島の前身の住友金属に入団し、94年までプレー。プロ化するチームに勝利の哲学を植え付け、常勝軍団の礎を築いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000535-sanspo-socc

続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/08(火) 08:53:49.91 
bd8af65d-d780-8887-5d95-426c347121f8

今季限りでバルセロナを退団するMFアンドレス・イニエスタだが、
ヴィッセル神戸への加入が決定しているのかもしれない。スペイン『カデナ・セール』など、複数メディアが伝えている。

下部組織からバルセロナ一筋でプレーし、キャプテンを務めるイニエスタ。
しかし、今季限りで愛するクラブを退団することを発表しており、中国への移籍が既定路線と伝えられていた。

しかし、ここへ来て明治安田生命Jリーグでプレーする可能性が浮上している。

『カデナ・セール』によると、イニエスタはヴィッセル神戸加入で合意。期間は3年間で、年俸は中国のクラブが支払うと伝えられていた2500万ユーロ(約32億円)となり、
選手所有のワイン農場の契約も含まれているという。なおこの契約は、バルセロナのスポンサーを務める楽天の三木谷浩史社長が先導したようだ。

当初移籍先と見られていた中国スーパーリーグの重慶力帆は、7日に声明で獲得を否定している。
この発表も、イニエスタがヴィッセル神戸加入へ迫っていることを裏付ける情報になるかもしれない。

世界的な名手が日本でプレーすることになれば、世界的にも大きな話題になることに間違いない。
神戸の地で、ルーカス・ポドルスキとイニエスタというワールドカップ優勝経験者の共演が見られる日が近づいているのかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00000037-goal-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ