カテゴリ: その他・リーグ

1: pathos ★ 2018/05/19(土) 06:00:22.66 _USER9
 アヤックスのFWユスティン・クライファートが、今夏の移籍に向かっているようだ。オランダ『フォルクスラント』に対するコメントを英紙『デイリー・メール』などが伝えた。

7710f768-ecc9-c334-5d40-e7d260c62ffa

 19歳のクライファートは、かつてバルセロナなどで活躍したパトリック・クライファート氏の息子で、今季は飛躍のシーズンとなった。オランダ代表デビューも飾り、将来を期待されている。

 期待の才能を引き留めたいアヤックスは、クライファートとの契約延長を望んでいた。しかし、同選手は「アヤックスとは契約を更新しない」と宣言。クラブに対する不信感があることを認めた。

「僕が知らないところで、トッテナムに僕を売ろうとしていた。士気が下がるし、信頼もなくなるものだ」

「僕は残るつもりでいたけど、最近はいろいろなことが起きた。ファンはお金のことだけだと思っているけど、僕が望んでいることを分かっている人もいる。大事なのはサッカーだ。自分をもっと成長させたい」

 今季リーグ戦で10得点5アシストを記録したクライファートには、マンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、チェルシー、バルセロナ、パリ・サンジェルマンといったビッグクラブが関心を示しているものとみられている。

 アヤックスとの関係に亀裂が入ったオランダ期待の才能は、どこへ行くのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180519-00270008-footballc-socc

続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/11(金) 00:26:05.13
エバートンFWルーニーがMLS移籍へ D.C.ユナイテッドと移籍金18.5億円で大筋合意

news_223397_1

■今季古巣エバートンへ13年ぶりに復帰するも、わずか1年で再びチームを離れることに

エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、米MLS(メジャーリーグサッカー)のD.C.ユナイテッド移籍で大筋合意に達したことが分かった。
英公共放送「BBC」によれば、移籍金は1250万ポンド(約18億5000万円)とされている。

イングランド代表とマンチェスター・ユナイテッドで歴代最多得点記録を持つルーニーは、今季エバートンへ13年ぶりに復帰。プロデビューを果たした古巣で再スタートを切っていた。

しかし、わずか1年で再びグディソン・パーク(エバートンの本拠地)に別れを告げることになりそうだ。
ルーニーの代理人はすでにアメリカで交渉を行っており、ついに大筋で合意に達したと報じられている。ルーニーも移籍の意志を固めているようだ。

ルーニーは2020年までの契約でオファーを受けているという。サッカー界のスターがまた一人、アメリカに活躍の場を移すことになりそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180510-00103116-soccermzw-socc


続きを読む

↑このページのトップヘ