1: 名無しさん 2018/05/04(金) 12:07:31.90
92a003f9

北米大手メディア『ESPN』のスペイン語版が、ロシア・ワールドカップに臨むアジアの代表チームについて特集記事を展開している。
その中では日本代表についても触れているが、なかなか厳しい意見を交えながら、日本の現状について紹介した。

記事では「ブラジルW杯では、アジアのチームは16強に勝ち上がることができなかった。それどころか勝利さえも遠かった。
ロシアでもアジアの国はグループリーグで厳しい組み合わせになり、苦戦は避けられないだろう」と伝えている。

日本については「アジア最終予選ではホームでUAEに信じられない形で黒星を喫したものの、すぐさま立て直すことに成功し、過去20年間と同様に本大会出場を決めた」と紹介。

その一方で「だが、日本は直前になって指揮官交代という決断を下した。ヴァイッド・ハリルホジッチの後任は西野朗となったが、
この交代劇がワールドカップに向けてプラスになるかどうかは不明だ」と伝え、日本の現状を客観的に紹介している。

また「他のアジア枠の国に比べると、日本はコロンビア、ポーランド、セネガルと同組になっており、もし躍進を見せたら勝ち上がる可能性は高いかもしれない。
ただ、現状の日本代表は指揮官交代によってスタイルやチームのアイデアが不明瞭なため、グループリーグを勝ち上がり、決勝トーナメントに進出したら、それは本当の驚きだ」と報道。

指揮官交代や組織の未成熟などを理由に、日本の苦戦を予想している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00010002-goal-socc

ロシアW杯 日程表
http://www.jfa.jp/samuraiblue/worldcup_2018/schedule_result/

続きを読む