カテゴリ: 各国代表

    1: 名無しさん@Times

    20180604-00041416-sdigestw-000-6-view
    かつて「南米の黒豹」の異名をとった元コロンビア代表FWのファウスティーノ・アスプリージャが、ロシア・ワールドカップで母国と対戦するライバル国について辛辣な批評を飛ばした。

     アスプリージャといえば、現役時代に快速ストライカーとしてならし、セリエAのパルマやプレミアリーグのニューカッスルなどで活躍。また、コロンビア代表としても、1994年のアメリカ大会、1998年のフランス大会に出場し、カルロス・バルデラマやフレディ・リンコンらと黄金期を築いた名手でもある。

     そんな“異才”は、現地6月4日に地元紙『EL NOEVO Dia』の取材に応じ、今回のコロンビア代表について、「ペケルマンには明確なプレースタイルと計画があるから心配はしていない」とコメント。さらに「今回のグループは難しくはないし、次のラウンドにも進めると思う」と話し、初戦でぶつかる日本に対する分析も口にした。

    「日本は上手いチームだが、点取り屋がいない。簡単な試合になることはないだろうが、我々にとってそれほど問題になる相手ではない」

     日本戦の勝利を確信したように語ったアスプリージャは、同組のセネガルとポーランドについても言及。この2か国に対しては日本とは異なり、警戒を強めている。
     
    「セネガルはとても強い。我々はいつもフィジカル勝負で負けているし、肉弾戦は避けないといけない。ポーランドは良い選手が揃っていて、決して簡単な相手じゃない。ここから大会が始まると言っても過言ではないくらいに重要な試合になると思うよ」

     コロンビア・サッカー界のレジェンドから「大した相手ではない」という烙印を押されてしまった日本。最近の結果やFIFAランクを見ても当然とも言えるが、本大会では、そうした見解を覆す奮闘を期待したいところだ。
     
    サッカーダイジェスト 6/4(月) 19:32
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180604-00041416-sdigestw-socc

    引用元:5ch.net

    【元コロンビア代表アスプリージャ、日本をバッサリ!「点取り屋がいない」「大した相手じゃない」】の続きを読む

    1: 名無しさん@Times
    前回王者ドイツ、ロシアW杯登録メンバー23名発表!PL最優秀若手サネがまさかの落選
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00010004-goal-socc

    2018-05-15-germany_1vk7m35kuvn70znw2wg63zcml

    ドイツ代表が4日、ロシア・ワールドカップへ臨む登録メンバー23名を発表した。

    トーマス・ミュラー、メスト・エジル、トニ・クロースといった前回ワールドカップ優勝を経験した主力選手たちも順当に選出。先日のオーストリア戦で復帰したノイアーもメンバーに選ばれた。

    バイエルン・ミュンヘンのセンターバックコンビであるジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルスはともにシーズン終盤で負傷したものの、ともにメンバー入り。ロシア・ワールドカップ開幕には間に合うと判断されたようだ。

    度重なるケガで前回のブラジル・ワールドカップ、ユーロ2016と欠場を余儀なくされてきたマルコ・ロイスも登録メンバーに名を連ねた。

    一方で、サプライズ招集を果たしたニルス・ペーターゼンや、プレミアリーグの年間若手最優秀選手に輝いたレロイ・サネなどが落選している。

    グループFのドイツはワールドカップ初戦で、6月17日にメキシコと対戦する。

    発表されたメンバーは以下のとおり。

    GK
    マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)
    マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
    ケヴィン・トラップ(パリ・サンジェルマン)

    DF
    ジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)
    マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
    ヨナス・ヘクター(ケルン)
    マッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)
    ヨシュア・キミヒ(バイエルン・ミュンヘン)
    マルヴィン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン)
    アントニオ・リュディガー(チェルシー)
    ニクラス・ジューレ(バイエルン・ミュンヘン)

    MF/FW
    ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
    ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)
    マリオ・ゴメス(シュトゥットガルト)
    レオン・ゴレツカ(シャルケ)
    イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)
    サミ・ケディラ(ユヴェントス)
    トニ・クロース(レアル・マドリー)
    トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
    メスト・エジル(アーセナル)
    マルコ・ロイス(ドルトムント)
    セバスティアン・ルディ(バイエルン・ミュンヘン)
    ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)

    (※DFBはMF及びFWをひとつのカテゴリーとして発表)

    引用元:5ch.net

    【前回王者ドイツ、ロシアW杯登録メンバー23名発表!PL最優秀若手サネがまさかの落選】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/03(日) 15:38:35.12 _USER9

    20180603-01654586-gekisaka-000-1-view
    2014年ブラジルW杯優勝国のドイツ代表がここ最近勝てていない。やはり、『コンフェデレーションズ杯の優勝国は、翌年のW杯で優勝できない』というジンクスを打ち破るのは難しいのだろうか。

     2日、ドイツは国際親善試合でオーストリア代表と対戦。守護神マヌエル・ノイアーが復帰を果たし、前半11分にはMFメスト・エジルが先制点を奪って、そのままドイツが勝利するかと思われた。しかし、後半8分にセットプレーから同点に追いつかれると、24分にも追加点を許し、1-2でまさかの逆転負けを喫した。

     ドイツはこれで昨年11月10日の国際親善試合イングランド戦から5試合白星なし(3分2敗)。さらにデータサイト『オプタ』によると、ドイツがオーストリアに敗れたのは、1986年10月以来、約32年ぶりのことだという。

     W杯連覇を狙うドイツは今後、8日にサウジアラビアとの国際親善試合を控えているが、勝って本大会に臨むことができだろうか。なお、ドイツは本大会グループリーグで17日にメキシコ、23日にスウェーデン、27日に韓国と戦う。



    10月8日:○5-1アゼルバイジャン(W杯予選)
    11月10日:△0-0イングランド(親善試合)
    11月14日:△2-2フランス(親善試合)
    3月23日:△1-1スペイン(親善試合)
    3月27日:●0-1ブラジル(親善試合)
    6月2日:●1-2オーストリア(親善試合)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-01654586-gekisaka-socc

    引用元:5ch.net

    【【動画】W杯王者ドイツ…5戦未勝利、さらにオーストリアに32年ぶりの敗戦】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/02(土) 19:40:15.40 _USER9
    予約300万殺到! ナイジェリア代表ユニが人気爆発 英BBCも称賛「おしゃれウェア」

    _101845690_ipiccy-collage

    W杯仕様の新ユニホームがバカ売れ、「今まで見た中で一番の代表ウェア」との声も

    サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が迫り、各国の代表メンバー、背番号などが続々と発表されている。
    応援するサポーターにとって注目の一つが、4年に一度の大舞台のピッチに立つユニホームだ。
    そんな中、アフリカの雄、ナイジェリアのユニホームが人気爆発。300万件の予約が殺到するなど、バカ売れとなっているという。英公共放送「BBC」が報じている。

    qYhD2pc

    PQczL0u

    ナイジェリアのユニホームが人気を集めている。「300万のプレオーダー。長蛇の列。ナイジェリアのワールドカップウェアはとっても入手困難」と
    BBC公式ツイッターが実物を画像付きで紹介している。ナイキ社のユニホームはボディ部分が伝統の緑地に白のVラインが縦に何層も入り、
    袖は白地に黒のVラインに反転させたユニークなデザインだ。

    投稿の返信欄には「今まで見た中で一番の代表ウェア」「世界のナイジェリア」「これを着た誰かが道を歩いているのを見るのが待ち遠しい」
    「ナイジェリア人の購買パワー」「ブリリアント」と好評を博している様子。さらに、BBC公式サイトでは
    「ナイジェリア代表のウェアが300万のプレオーダーで売り切れ」と見出しを打って特集している。
    ロンドンに長蛇の列、ナイキ社HP上は即売り切れ「新ウェアでファンを掴むことに成功」

    「ナイジェリアはワールドカップの本命ではないかもしれないが、ロシア大会に向けた新ウェアではファンを掴むことに成功したようだ」

    こう伝えた記事では、ナイジェリアサッカー協会によると、300万のプレオーダーがあり、ロンドンのナイキ旗艦店には長蛇の列ができたことを紹介。

    _101845694_capture1

    同社のホームページ上では販売直後にすぐに売り切れになったという。

    メーカーによると、ホームのユニホームは「鷲の翼を想起させる白黒の袖と緑の胴体による94年ナイジェリアのさりげないオマージュ」と紹介。
    一方、アウェーのユニホームは古典的な全体が緑のユニホームの「クールで洗練されたバージョン」という。

    BBCも「オシャレウェア」と称賛した新ユニホームで2日にはイングランド代表と親善試合を行う。人気爆発の“戦闘服”で力をもらい、本大会も躍進できるのか。
    選手たちがまとうユニホームも注目を集めることになりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180602-00024922-theanswer-socc

    引用元:5ch.net

    【【画像】ナイジェリア代表ユニが人気爆発!英BBCも称賛「おしゃれウェア」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/06/02(土) 13:40:31.32 _USER9
    バイエルン・ミュンヘン所属MFハメス・ロドリゲスやASモナコ所属で主将を務めるFWラダメル・ファルカオら主力が先発したコロンビアは、リヴァプール所属のFWモハメド・サラーを欠くエジプト相手に90分間通して押し込み、ポゼッション率は69%-31%、シュート本数17本-6本と圧倒したが、ゴールを奪うことができず引き分けに終わっている。

    20180602-00010012-sportes-000-1-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00010012-sportes-socc

    引用元:5ch.net

    【コロンビア代表の決定力不足が深刻!ポゼッション率69%も、サラーの居ないエジプトと無得点ドロー】の続きを読む

    このページのトップヘ