カテゴリ: 各国代表

1: 名無しさん@Times 2018/06/24(日) 22:54:07.17 _USER9
[6.24 W杯G組第2節 イングランド6-1パナマ ニジニ・ノブゴロド]

20180624-01655496-gekisaka-000-1-view

 ロシアW杯は24日、グループリーグ第2節6日目を行った。G組のイングランド代表はパナマ代表と対戦し、6-1で勝利。2連勝でベルギー代表とともに決勝トーナメント進出を決めた。

 初戦はチュニジアに苦戦しながらも、FWハリー・ケインの2ゴールにより勝利を手にしたイングランド。スタメンは前節から1人を入れ替え、太腿を負傷したMFデレ・アリに代わってMFルベン・ロフタス・チークを起用した。対するパナマは、初めての大舞台でベルギーと対戦。前半こそ無失点で乗り切ったが、0-3で敗れた。この試合はスタメンを変えず、歴史的1勝を目指した。

 試合は開始早々に動いた。イングランドは前半8分、右CKを獲得すると、DFキーラン・トリッピアーが右足でアウトスイングのボールを蹴り込む。MFジョーダン・ヘンダーソンが相手をニアに引きつけ、中央の空いたスペースに走り込んだDFジョン・ストーンズがヘディングシュートを叩き込み、先制のゴールネットを揺らした。

 試合はそのまま6-1でイングランドが勝利。勝ち点を『6』に伸ばし、ベルギー(勝ち点6)とともにグループリーグ突破を決めた。なお、28日に行われる第3節でイングランドはベルギーと首位突破をかけて対戦。敗退が決まったパナマは、W杯初勝利を目指してチュニジアと戦う。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-01655496-gekisaka-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/23(土) 23:13:31.51 _USER9
20180623-00000027-goal-000-2-view

元アルゼンチン代表選手及び監督のディエゴ・マラドーナ氏が、ロシア・ワールドカップで同チームがクロアチアに敗れたことに憤りを表した。

クロアチアに0-3で敗れ、グループステージ敗退の危機に陥ったアルゼンチン。マラドーナ氏は「テレスル」の番組で、この敗戦について次のように振り返っている。

「表現できない苛立ちを覚えているし、内から怒りが煮えくり返ってくる。アルゼンチンのユニフォームに袖を通した男たちが、ドイツでもブラジルでもオランダでもなく、クロアチアなんてチームに叩きのめされるなど、あっちゃならない。それが真実なんだ」

マラドーナ氏はまた、問題がFWリオネル・メッシではなく、他選手にあることも強調している。

「レオはプレーすべきプレーを、できるプレーをした。彼がチームメートの問題も解決しなくてはならないなど、とても難しいことだ」

「アルゼンチンはどうプレーすべきかを理解していないし、何の解決法も有していない。中盤も、守備も、攻撃でもだ、だ。アルゼンチンは壁パスもしなければ、ポストプレーでも勝てず、ボールを持つことができなかった」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000027-goal-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/24(日) 04:55:57.81 _USER9
◆W杯ロシア大会▽1次リーグF組 ドイツ―スウェーデン(23日、ソチ)

DgZtHxLWkAItnpG

 初戦で敗れた前回王者ドイツが“負ければ敗退”のスウェーデン戦で逆転勝ちした。

 前半31分、先発に抜てきされたMFルディがアクシデントによる大量の鼻血で早々に途中交代。その直後に先制点を奪われた。重々しい空気の中、前半を終了。

あのドイツが消えてしまうのか…。重苦しい空気を振り払ったのがロイスだった。後半開始直後の3分、左からのクロスに詰め、左膝内側で根性のボレーシュートを決めた。

同38分にはDFボアテングが2度目の警告で退場。さらに追いつめられた中、後半ロスタイムに、クロースが決勝ゴールを決めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00010001-spht-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/24(日) 02:00:05.89 _USER9
20180624-01655464-gekisaka-000-1-view

【スコア】
韓国代表 1-2 メキシコ代表

【得点者】
0-1 27分 カルロス・ベラ(メキシコ)
0-2 66分 ハビエル・エルナンデス(メキシコ)
1-2 93分 ソン・フンミン(韓国)




 23日に行われたロシアW杯F組第2節で、メキシコ代表が韓国代表に2-1で勝利した。メキシコは2連勝で決勝トーナメント進出に大きく前進。韓国は連敗となり、自力での予選突破の可能性が消滅した。

 ドイツ撃破で勢いに乗るメキシコと、早くも崖っぷちに立たされている韓国の激突。戦前の予想でもメキシコ有利の見方が強い一戦だが、韓国は意地を見せることが出来るか。

 そんな韓国が序盤からチャンスを多く作った。決定機は前半22分、エリア内でエースのFWソン・フンミンがボールをコントロールすると、立て続けにシュートを放つ。しかしGK、そしてDFに阻まれると、エリア手前に流れたボールを最後に狙うが、これも相手に当たって枠を外れた。

 メキシコは直後の後半23分に39歳の大ベテラン、DFラファエル・マルケスを投入して試合を終わらせに行く。何とかしたい韓国は、後半32分にヴィッセル神戸に所属するMFチョン・ウヨンをピッチに送り込んで攻撃に厚みを持たせるが、GKギジェルモ・オチョアが最後の砦として立ちはだかる。後半アディショナルタイム3分にソン・フンミンが鮮やかな左足ミドルを突き刺して1点差に詰め寄るが、反撃が遅すぎた。

 メキシコが2連勝、韓国が2連敗という結果に終わった。このあと行われる同組のドイツ対スウェーデンの結果次第で、メキシコの決勝トーナメント進出と韓国のグループリーグ敗退が決定する可能性がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-01655464-gekisaka-socc 

引用元:5ch.net
続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/23(土) 22:56:18.63 _USER9
 ロシアW杯1次リーグG組のベルギーが5―2でチュニジアに圧勝し、決勝トーナメント進出を決めた。

DgYatX9UwAAMGDs

 先手を取ったのはベルギー。前半6分。FWのE・アザールがドリブルでペナルティーエリアに進入し、PKを獲得。自身で落ち着いて沈め、先制。同16分には高い位置でボールを奪取してからショートカウンターを発動。最後はFWルカクが強烈な左足シュートを沈め、リードを2点に広げた。

 一方、チュニジアも反撃を開始。同18分。DFブロンがFKを頭で押し込み、1点差に。その後は負傷者が出て交代枠を2枠を使ったが、攻撃の手を緩めず。

 だが、同ロスタイム4分。ベルギーがスローインをカットすると、スルーパスを受けたルカクが冷静にネットを揺らし、この日2点目。大会通算4得点とし、ポルトガル代表FW・Cロナウドに並び得点ランク首位に立った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00010002-spht-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

↑このページのトップヘ