カテゴリ: 選手・話題

1: 名無しさん@Times 2018/06/27(水) 13:45:51.76 _USER9
サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は26日に第3戦でポーランドと激突する。引き分け以上で突破が決まる一戦に立ちはだかるのは、すでに連敗で敗退が決まっているポーランド。

20180625-00000049-goal-000-4-view

過去に2度、連敗で敗退確定後の第3戦で勝利しており、油断はならない。エースFWロベルト・レバンドフスキは「降伏はできない。失うものは何もない」と“反骨の決意”を燃やしている。ポーランドメディアが伝えている。

 ポーランドが誇るストライカーは本領を発揮し、ロシアを去る。ポーランドのスポーツ紙「PRZEGLAD SPORTOWY」によると、23日の会見に出席したレバンドフスキは日本戦に向け、闘志を燃やしたという。

「我々は精神的に難しい状況を承知しているが、それでも我々は勝ち点と名誉のため世界大会をポジティブな手法で戦う」

 こう語ったという背番号9。今大会は初戦のセネガルに1-2でまさかの敗戦。第2戦のコロンビア戦も敗れて連敗を喫し、前評判に反する形でH組脱落1号となってしまった。

 それでも、ブンデスリーガ得点王は「降伏はできない。出場して戦わなければならない。失うものは何もない」と語ったといい、ファイティングポーズを取っている。

 敗退が決まっていても、闘志を燃やしているストライカーを日本のディフェンス陣は止められるのか。決勝トーナメントに進むためには乗り越えなければならない壁だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180627-00027757-theanswer-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/27(水) 03:47:32.00 _USER9
[6.26 W杯D組第3節 ナイジェリア-アルゼンチン サンクトペテルブルク]

20180627-01655608-gekisaka-000-3-view

 待ちに待った大会初ゴールに、スタンドで見守ったディエゴ・マラドーナ氏の喜びも絶頂に達した。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは前半14分、MFエベル・バネガのスルーパスに反応。後ろ向きのまま太ももでおさめる“半端ない”トラップでPA内に駆け込むと、右足でゴールマウスに流し込んだ。

 第1戦ではPK失敗、第2戦では完全に孤立してしまい、ここまで無得点に終わっていたメッシ。敗退が目前に迫った第3戦では右ウイングで先発し、序盤から自由にボールに絡んだ。前半立ち上がりにファーストシュートを放つと、得意の裏抜けから先制点を叩き出した。

 スタンドに訪れていたマラドーナ氏はゴールが決まった瞬間、胸に十字を組んだポーズのまま天を見上げ、喜びに浸る姿を見せた。試合は前半35分現在、アルゼンチンが1-0でリード。他会場ではクロアチアとアイスランドが0-0の戦いを繰り広げており、このまま終わればアルゼンチンの勝ち抜けが決まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-01655608-gekisaka-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/26(火) 14:30:01.76 _USER9
英『ガーディアン』が、ロシアW杯グループリーグ第2節を終えた時点での今大会ベストイレブンを発表。日本代表からDF吉田麻也が選出されている。

20180626-01655584-gekisaka-000-1-view

 スペインとの初戦でハットトリックを達成し、第2戦のモロッコ戦で決勝点を挙げたFWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)、クロアチアの躍進を支える“中盤コンビ”、MFルカ・モドリッチとMFイバン・ラキティッチらが選出された中、吉田も堂々のメンバー入り。同紙は、攻守で空中戦での強さが相手の脅威になったと伝えている。

▼GK
アリレザ・ベイランバンド(イラン)

▼DF
ムサ・ワゲ(セネガル)
マヌエル・アカンジ(スイス)
吉田麻也(日本)
ヘスス・ガジャルド(メキシコ)

▼MF
エクトル・エレーラ(メキシコ)
イバン・ラキティッチ(クロアチア)
ノルディン・アムラバト(モロッコ)
ルカ・モドリッチ(クロアチア)
アレクサンドル・ゴロビン(ロシア)

▼FW
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-01655584-gekisaka-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/25(月) 23:12:27.88 _USER9
ロシア・ワールドカップ(W杯)でここまで得点ランク2位の4得点を決めているポルトガル代表FWクリスティーノ・ロナウドが、
ホテルの外で騒ぐイラン代表サポーターに対して静かにするようにと要求する珍事が発生したようだ。英衛星放送
「スカイ・スポーツ」が報じた。

20180625-00115593-soccermzw-000-7-view

記事によると、ロシア入りしているイランのサポーターがグループリーグ第3戦の対戦相手であるポルトガル選手の宿泊する
ホテルを取り囲み、ブブゼラや太鼓を用いてどんちゃん騒ぎ。選手たちの睡眠を妨害し、試合に悪影響を及ぼそうと姑息な
手段に出たようだ。

ポルトガルのキャプテンでもあるロナウドは部屋の窓からイランサポーターに対し、ジェスチャーを交えて静かにするように要求。
その姿がテレビ中継のカメラにも捉えられたという。

2試合を終えて勝ち点3のイランは、グループリーグ突破のために最終戦で勝ち点4のポルトガルに勝利することが絶対条件と
なっている。欧州王者相手の一戦は厳しい戦いになることは間違いない。サポーターの切なる願いが、この妨害行為に
つながったようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180625-00115593-soccermzw-socc

77: 名無しさん@Times 2018/06/25(月) 23:22:29.76

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/25(月) 01:03:15.75 _USER9
<ワールドカップ(W杯)ロシア大会:日本0-1セネガル>◇1次リーグH組◇24日(日本時間25日)◇エカデリンブルク

20180625-00248847-nksports-000-view

日本代表がセネガルと対戦し前半11分、先制を許した。左クロスをMF原口元気(27=デュッセルドルフ)がクリアしたボールを、
ファーサイドにいたDFサバリがシュート。GK川島永嗣(35=メッス)がはじいたものの、正面に待ち構えたセネガルのエース・サティオ・マネに当たり、そのままゴールインした。

川島がマネにパスしてしまった格好での失点に、国際サッカー連盟(FIFA)公式サイトの速報は、
「日本守備陣にとって災害だ」と指摘するとともに、シェイクスピアの喜劇「間違いの喜劇」を引用したのか「間違い続きの喜劇」などと酷評した。

1529853166870

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-00248847-nksports-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

↑このページのトップヘ