カテゴリ: 事件・ネタ

    1: 名無しさん@Times 2018/06/20(水) 15:41:10.01 _USER9
    日本戦で一発退場となったコロンビア代表MFカルロス・サンチェスに、誹謗中傷や脅迫メッセージが寄せられる事態となっている。

    20180620-00000020-goal-000-3-view

    19日に行われたロシア・ワールドカップのグループH第1節、コロンビアは日本に1-2で敗れた。開始3分、日本代表はカウンターを仕掛け、香川真司が放ったシュートをカルロス・サンチェスは右腕でブロック。この結果、C・サンチェスは一発退場処分となり、コロンビアはその後80分以上にわたって数的不利で戦うことを余儀なくされた。

    試合後、C・サンチェスの公式twitterには、地元コロンビアを始め世界中からのリプライが殺到。


    それらのメッセージは「あなたの判断はやむを得なかった」「君は悪くない」といったフォローをするものもあれば、「お前のせいで負けた」「あそこで手を出さなくても良かったはずだ」など、批判する内容も多数となっている。

    中には銃火器の画像を添え「コロンビアに帰ってこないほうがいいだろう。お前には死が待っている。24時間以内に家族をコロンビアから退去させないと後悔するぞ」と、“殺害予告”とも取れるリプライを送る人物も。ただし、このメッセージはSNSのガイドラインに反し、すでに消去されている。

    かつて1994年のアメリカ・ワールドカップに挑んだコロンビア代表DFアンドレス・エスコバルは、第2戦のアメリカ戦でオウンゴールを献上。それが早期敗退の要因とされ、エスコバルは母国に帰国した後、メデシン郊外のバーで射殺されるという悲劇に遭った。

    1994年に起こったエスコバルの射殺事件は、当時のコロンビア代表が早期敗退したことによる報復なのか、明確な因果関係はいまだ明らかになっていない。だが、今回一発退場処分となったC・サンチェスには攻撃的なメッセージが寄せられていることもあり、身の危険を懸念する声も浮上している。

    コロンビアは第2戦にポーランド、第3戦にセネガルと戦うことになっている。果たして、南米の強豪はここから巻き返して決勝トーナメント進出を決めることができるのだろうか。また、C・サンチェスは出場停止明けに汚名を返上することができるのか、今後の巻き返しが期待される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000020-goal-socc

    引用元:5ch.net

    【【悲報】開始3分で一発退場、C・サンチェスのSNSに誹謗中傷が殺到…中には殺害予告も】の続きを読む

    1: 名無しさん@Times 2018/06/19(火) 02:06:21.67 _USER9
    【スウェーデン 1-0 韓国 ロシアワールドカップ・グループリーグ F組第1節】

    ロシアワールドカップのグループリーグ初戦が18日に行われ、グループFの韓国代表はスウェーデン代表に0-1で敗れた。

    試合を決定づけたのは、またしてもビデオアシスタントレフェリー(VAR)だった。
    後半、キム・ミヌのペナルティエリア内でのファウルを見逃さず、主審はVARの助言を受けてスウェーデンにPKを与えた。そして、そのPKが決勝点となった。

    20180618-01655238-gekisaka-000-3-view

    この判定に韓国代表のレジェンドがご立腹のようだ。韓国の『MBC』でスウェーデン戦の解説を務めた同国代表OBのアン・ジョンファン氏は試合終了直後、
    「これで終わり。審判を責めたくはないが、審判がゴールの半分を決めたようなものだ。彼がなぜあのような決定を下したのか聞いてみたい」と怒りをあらわにした。

    今大会はVARによるPK判定が毎日のように生まれている。
    韓国のレジェンドストライカー、アン・ジョンファン氏は人間味が失われるビデオによる判定のサポートに疑問を持っているのかもしれない。


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180619-00275647-footballc-socc

    引用元:5ch.net

    【韓国の英雄アン・ジョンファン、VARによるPK判定に激怒!「審判がゴールの半分を決めた」】の続きを読む

    1: 名無しさん@Times 2018/06/18(月) 13:15:13.67 _USER9
    1bbdb_1469_87019a0f_9759ba8d

    韓国代表のシン・テヨン監督は、ロシアワールドカップで対戦する相手国を混乱させるため、大会直前の親善試合では意図的に選手の背番号を入れ替えていたと明かした。英メディア『BBC』が伝えている。

     韓国は現地時間18日に行われるグループリーグF組第1節の試合でスウェーデンと対戦する。本大会に向けた登録メンバー23人は今月2日に発表されたが、その後7日に行われたボリビア戦での背番号は本大会でのものとは異なっていた。

     ボリビア戦ではたとえば、“韓国のメッシ”ことMFイ・スンウが7番、ヴィッセル神戸のMFチョン・ウヨンが8番などを着用。だが本大会ではそれぞれ10番と15番になっている。非公開で行われた11日のセネガル戦もボリビア戦と同様だったようだ。

    「入れ替えたのは、相手に全てを見せたいとは思わず、混乱させたいと思ったからだ」とシン・テヨン監督。「我々の選手のうち何人かは知られているかもしれない。だが西洋人にとって、アジア人の顔を見分けるのは非常に難しい。だからこうした」と意図を説明している。

     韓国はスウェーデンのほか、ドイツとメキシコが同居した非常に厳しいグループから決勝トーナメント進出を狙う。少しでも突破の確率を上げるため、あらゆる手を尽くしてきたようだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180618-00275521-footballc-socc

    引用元:5ch.net

    【韓国代表、背番号入れ替えで対戦相手をかく乱作戦!「西洋人にはアジア人の顔は見分けにくい」】の続きを読む

    1: 名無しさん@Times 2018/06/17(日) 01:54:17.20 _USER9

    20180616-00777655-soccerk-000-3-view

     サッカー好きの歌手・小柳ルミ子(65)が15日深夜に放送されたフジテレビ系の
    「サッカー・ロシアW杯ペルー―デンマーク戦」中継(深夜0時10分)に出演した。

     試合前のプレビュー枠内では、直前に行われたアルゼンチン―アイスランドが1―1の引き分けに終わったことを紹介。
    小柳が熱狂的ファンのアルゼンチン代表FWメッシがPKを外すなど不発に終わった。

     試合ダイジェストでMCのジョン・カビラ(59)がメッシのPK失敗を強調すると小柳は「カビラさんうるさい!」
    「カビラさんうるさい!」と連呼。カビラは「真実を述べているだけです」と返した。

     さらに小柳は「帰っていいですか」「私のW杯終わった」と落胆している様子。
    PK失敗についても「読まれていた。ボールも弱かった」と意気消沈していた。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000020-sph-ent

    引用元:5ch.net

    【【動画】小柳ルミ子さん、メッシ不発に落胆「カビラさんうるさい!」「私のW杯終わった」】の続きを読む

    このページのトップヘ