タグ:セルヒオ・ラモス

1: 名無しさん@Times
AFP=時事】イングランド・プレミアリーグのリバプール(Liverpool FC)に所属するGKロリス・
カリウス(Loris Karius)が、レアル・マドリード(Real Madrid)との欧州チャンピオンズリーグ(U
EFA Champions League 2017-18)決勝で失点に繋がるミスを犯した直前に、脳振とうを起こし
ていたことが4日、明らかになった。

20180605-00000014-jij_afp-000-4-view

 この診断結果を発表したのは、米ボストンで働く2人の医師で、チャンピオンズリーグ決勝が行
われた5日後の先月31日に、マサチューセッツ総合病院(Massachusetts General Hospital)でカリ
ウスに対して総合的な検査を行ったという。

 両医師は、「試合の映像を注意深く再確認し、詳細な病歴や身体検査、他覚的な基準を統合した
結果、われわれはカリウス選手が5月26日の試合中に脳振とうを起こしていたという結論に至った」との声明を出した。

 カリウスはこの試合の後半4分、レアルのDFセルヒオ・ラモス(Sergio Ramos)と衝突した際に肘
打ちを受けたと審判に対して主張していたが、このプレーに罰則が下ることはなかった。

その2分後、カリウスは味方選手にボールを送ろうとしたものの、相手FWのカリム・ベンゼマ(Karim Ben
zema)にボールを渡し、レアルの先制を許すというミスを犯した。
さらにカリウスはその後、ギャレス・ベイル(Gareth Bale)のシュートをつかみ損ねるという決定的なミスを
しており、リバプールの3失点目により勝敗は決した。

 両医師は脳振とうがカリウスのパフォーマンスに影響を与えた可能性はあるとし、以下のように続けた。

「検査時にカリウスが訴えた後遺症や他覚的徴候を考えると、セルヒオ・ラモスと交錯した直後に視覚的な
機能障害が生じていたのかもしれない」

 また両医師は、脳振とうを引き起こした出来事からカリウスが確実かつ安定的に改善していると話している。

「診断の結果に基づき、彼が完全に回復することを期待している」「われわれはカリウス選手に対して用心
するよう助言し、完全にプレーできるよう復帰するためには安全であることを重要視すべきだと伝えた」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000014-jij_afp-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: pathos ★ 2018/05/28(月) 16:28:30.79 _USER9
CL決勝で物議を醸したワンシーンに、他競技の団体が公式ツイッターで皮肉の投稿

20180528-00106812-soccermzw-000-8-view

 レアル・マドリードとリバプールが激突した26日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝は、レアルが3-1と勝利して史上初の大会3連覇を果たした。この試合の前半には、レアル主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーと交錯。転倒したサラーが左肩を痛めて涙の負傷交代となったが、ラモスの行為に対してヨーロッパ柔道連盟から「禁じ手だ」と、異例の物言いがついている。

 頂上決戦で最大の見どころが消えた瞬間だった。前半25分、リバプールのエースがドリブル突破を仕掛けると、ラモスは食い止めようと腕を絡めながら倒れこむ。左肩を痛めたサラーは悶絶。その後一度はプレーに復帰したものの、再びピッチに座り込み、涙の途中交代を余儀なくされた。

qRW2SFc

 世界屈指の実力者ながら、これまで公式戦で通算24度も退場しているラモス。リーガ史上最多19度の退場という不名誉な記録も打ち立てている。この接触プレーでは相手のエースを潰した格好となったが、このプレーを「禁じ手」と判定したのは、意外にもヨーロッパ柔道連盟だった。

 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が名誉会長を務め、51カ国加盟する同連盟は公式ツイッターに異例の投稿を行った。

「脇固めは危険なテクニックだ。だからこそ寝技に移行する際に柔道の世界では使用を禁止されている。昨日のCL決勝の夜に起こったこのファウルについて、あなたはどう思うのか?」

投稿の返信欄では両サポーターが衝突し炎上中

 ラモスの行為は、柔道の世界では相手を負傷させるリスクの高い反則技と断定している。ツイートには、ラモスが左腕をドリブル中のサラーの右腕に巻き込む決定的瞬間を捉えた写真を添付。キャプションでは「アームロックの技術は柔道で禁止されている。しかし、フットボールの世界ではチャンピオンズリーグで優勝するために有効だ」と皮肉っている。

 柔道サイドからの指摘に、ラモスを擁護するレアルサポーターとエース負傷に怒るリバプールサポーターが衝突。投稿の返信欄は炎上しているが、脇固めによって今季欧州屈指の輝きを放ったサラーのロシア・ワールドカップ出場が危ぶまれる事態になったことは間違いない。

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180528-00106812-soccermzw-socc

続きを読む

1: Egg ★ 2018/05/27(日) 21:00:58.08 _USER9
20180527-00040996-sdigestw-000-5-view

 サッカーに「たられば」は付き物だが、もしあの時、リバプールがエースを失っていなければ、ビッグイヤーの行方も変わっていたかもしれない……。

 現地時間5月26日、ウクライナのキエフで行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝は、3-1でレアル・マドリーがリバプールを撃破し、前人未到のCL3連覇の達成した。

 この試合、序盤でペースを握ったのはディフェンディングチャンピオンではなく、“挑戦者”のリバプールだった。最前線からハイプレッシャーをかけ続け、ボールを奪えば、その瞬間から敵陣へ果敢に仕掛けてチャンスを創出した。

 そんな理想的な形で試合を運んでいたリバプールに暗雲が立ち込めたのは30分だった。相手CBのセルヒオ・ラモスと対人戦でもつれたモハメド・サラーが左肩を負傷。そのまま、涙の交代を余儀なくされたのだ。

qRW2SFc

 チームの核を失ったリバプールは、攻撃力が極端に低下。徐々にマドリーに盛り返され、結果的に敗れてしまった。

 試合後、リバプールの指揮官ユルゲン・クロップは、「他の選手たちへのダメージも明らかだった。我々はあれ以降、勢いを失ってしまった」と、サラーの悲劇的な負傷交代を嘆いた。

 一方で、故意ではなかったとはいえ、奇しくも“加害者”となってしまったマドリーのキャプテン、S・ラモスは、自身のツイッターでサラーへメッセージを発信している。

「サッカーは時に良い面を見せることもあれば、悪い面を見せることもある。何より僕たちは、同じプロ選手だ。サラー、早期回復を祈っているよ。君には未来が待っている」

 14年のプロ生活を過ごし、酸いも甘いも嚙み分けてきた猛者だからこそのエールとも言えるが、ファンからは様々なツイートが寄せられ、「君のせいじゃない」や「偉大なキャプテンだ」といった擁護する声があった一方で、「このクソッタレ。明らかに故意に潰しにいっただろ」「サッカーは格闘技じゃない」という批判的な反応も目立った。

 サッカーにおいて接触プレーは付き物で、それによる怪我も致し方ないものだが、今シーズンの公式戦で44ゴールを挙げ、名声を上げたサラーのシーズン最終戦が、このような形で幕を下したことについては残念でならない。

サッカーダイジェスト 5/27(日) 20:19
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180527-00040996-sdigestw-socc

続きを読む

1: pathos ★ 2018/05/27(日) 04:43:32.59 _USER9
リヴァプールFWモハメド・サラーがチャンピオンズリーグ決勝という大舞台で、まさかの形でピッチを去った。

リヴァプールは26日、チャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリーと対戦。今季プレミアリーグでは得点王、CLでも10ゴールを叩き出したエースのサラーは先発出場を果たす。リヴァプールは立ち上がりから速い攻めで違いを見せていたが30分過ぎに悲劇が。

セルヒオ・ラモスとの対人戦で右肩を押さえられて倒れると、左肩を地面に打ち付けて負傷。一度は治療の末、ピッチに戻るが、再び倒れ込んで涙を流しながら負傷交代を余儀なくされた。代わりにアダム・ララーナが入っている。
http://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%B9/1/1r6ao1ur5s9p31uiv9xy4icpc0

60: 名無しさん@恐縮です 2018/05/27(日) 04:49:35.03
aQNV46d

続きを読む

↑このページのトップヘ