タグ:ドイツ

1: 名無しさん@Times 2018/06/28(木) 12:04:04.63 _USER9
予想外の結果に打ちひしがれるドイツ代表司令塔と怒るファンが試合後に衝突した。

ドイツ代表MFのメスト・エジルが試合後に一部のサポーターと口論に発展したようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

t2OM6WU

27日に行われたワールドカップのグループF第3戦でドイツ代表はグループ突破を懸けて韓国代表と対戦した。この試合に先発で出場したエジルだが、大きな見せ場を作れず、チームも終了間際に2失点を喫して、敗戦。この結果、前回大会王者は早々に姿を消すこととなった。

この試合結果に対して失望を隠し切れないエジルは、タッチラインにスウェットバンドを投げつけ、その後ベンチに座り込み頭を抱えるなど落胆した様子が映し出されていた。

そして、ロッカールームへと引き上げようとする背番号10のエジルに対して、通路付近に集まった一部のサポーターが怒りの矛先を向ける。すると同選手もサポーターに対して憤りをあらわにして口論に発展。スタッフが割って入り、ドイツ代表司令塔は足早に通路の奥へと進んでいった。

しかし、ファンの怒りはこの日のプレーだけではなく、エジルがW杯直前に、イルカイ・ギュンドアンとともにトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領を表敬訪問したことも背景にあるようだ。市民団体やジャーナリスト、政治的反対者などを逮捕し、人権団体から非難される同大統領と面会したことは問題視されており、両選手は大会前の国際親善試合からブーイングの標的とされていた。

大会前の行動と今大会を通してのエジルのパフォーマンスにサポーターの怒りが今回ついに爆発してしまったようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000004-goal-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/28(木) 01:37:34.38 _USER9
[6.27 ロシアW杯F組第3節 韓国2-0ドイツ カザン]

20180628-01655641-gekisaka-000-5-view

 ドイツでも呪いを解くことは出来なかった。FIFAランキング1位、前回大会王者のドイツ代表が韓国代表に0-2で敗れ、グループリーグでの敗退が決まった。

 同時刻に行っていた同組のメキシコ代表対スウェーデン代表は3-0でメキシコが勝利。結果的にはドイツは勝利すれば、メキシコを逆転して決勝トーナメントに進むことが出来ていた。

 しかしスコアレスの展開に焦る一方のドイツ。そして後半アディショナルタイムの2発によって大金星を献上。さらに韓国にも得失点差で抜かれ、グループ最下位で大会を終えることになった。



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-01655641-gekisaka-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/24(日) 04:55:57.81 _USER9
◆W杯ロシア大会▽1次リーグF組 ドイツ―スウェーデン(23日、ソチ)

DgZtHxLWkAItnpG

 初戦で敗れた前回王者ドイツが“負ければ敗退”のスウェーデン戦で逆転勝ちした。

 前半31分、先発に抜てきされたMFルディがアクシデントによる大量の鼻血で早々に途中交代。その直後に先制点を奪われた。重々しい空気の中、前半を終了。

あのドイツが消えてしまうのか…。重苦しい空気を振り払ったのがロイスだった。後半開始直後の3分、左からのクロスに詰め、左膝内側で根性のボレーシュートを決めた。

同38分にはDFボアテングが2度目の警告で退場。さらに追いつめられた中、後半ロスタイムに、クロースが決勝ゴールを決めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180624-00010001-spht-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/18(月) 01:51:27.22 _USER9
 ◆W杯ロシア大会▽1次リーグF組 ドイツ―メキシコ(17日、モスクワ)

20180618-00010000-spht-000-2-view

  グループF注目のカードで波乱が起きた。メキシコがFIFAランク1位で連覇を目指すドイツを1―0で下し、下克上に成功した。

 前半35分。自陣でボールを奪ったメキシコが、カウンターへ。FWエルナンデスがFWベラとの素早いパス交換で前を向いた。ドリブルで持ち運ぶと、左サイドを駆け上がってきたFWロサーノへ。22歳の有望株はエリア左で鋭く切り返し、DFを置き去りに。すぐさま右足を振り抜き、ゴール左スミへと突き刺して先制した。

 ドイツは序盤からボールを支配して主導権を握ったが、メキシコの高速カウンターでピンチを招くシーンが目立った。後半15分にMFケディラを替えてFWロイスを投入すると、同34分にDFプラッテンハルトをFWゴメスに変更。攻撃の枚数を増やして攻勢を強めたが、前回大会でブレイクしたメキシコGKオチョアの壁を破れなかった。

 7大会連続1次リーグ突破を目指すメキシコは、後半28分にスペイン・バルセロナなどで活躍した39歳のベテランDFマルケスを投入。これで5大会連続出場を果たしたレジェンドを中心に守り切った。メキシコの過去最高は70、86年大会のベスト8。前回はオランダに敗れてベスト16止まりだったが、優勝候補から勝ち点3を奪う最高の滑り出しとなった。

 ドイツは、W杯では06年母国開催の準決勝(対イタリア)以来、2大会8試合ぶりの黒星。初戦黒星は82年スペイン大会以来の屈辱となった。1934、38年のイタリア、58、62年のブラジルに続き史上3チーム目となる大会2連覇へ、好スタートを切れなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180618-00010000-spht-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times
前回王者ドイツ、ロシアW杯登録メンバー23名発表!PL最優秀若手サネがまさかの落選
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00010004-goal-socc

2018-05-15-germany_1vk7m35kuvn70znw2wg63zcml

ドイツ代表が4日、ロシア・ワールドカップへ臨む登録メンバー23名を発表した。

トーマス・ミュラー、メスト・エジル、トニ・クロースといった前回ワールドカップ優勝を経験した主力選手たちも順当に選出。先日のオーストリア戦で復帰したノイアーもメンバーに選ばれた。

バイエルン・ミュンヘンのセンターバックコンビであるジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルスはともにシーズン終盤で負傷したものの、ともにメンバー入り。ロシア・ワールドカップ開幕には間に合うと判断されたようだ。

度重なるケガで前回のブラジル・ワールドカップ、ユーロ2016と欠場を余儀なくされてきたマルコ・ロイスも登録メンバーに名を連ねた。

一方で、サプライズ招集を果たしたニルス・ペーターゼンや、プレミアリーグの年間若手最優秀選手に輝いたレロイ・サネなどが落選している。

グループFのドイツはワールドカップ初戦で、6月17日にメキシコと対戦する。

発表されたメンバーは以下のとおり。

GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)
マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
ケヴィン・トラップ(パリ・サンジェルマン)

DF
ジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)
マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
ヨナス・ヘクター(ケルン)
マッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)
ヨシュア・キミヒ(バイエルン・ミュンヘン)
マルヴィン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン)
アントニオ・リュディガー(チェルシー)
ニクラス・ジューレ(バイエルン・ミュンヘン)

MF/FW
ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)
マリオ・ゴメス(シュトゥットガルト)
レオン・ゴレツカ(シャルケ)
イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)
サミ・ケディラ(ユヴェントス)
トニ・クロース(レアル・マドリー)
トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
メスト・エジル(アーセナル)
マルコ・ロイス(ドルトムント)
セバスティアン・ルディ(バイエルン・ミュンヘン)
ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ)

(※DFBはMF及びFWをひとつのカテゴリーとして発表)

引用元:5ch.net

続きを読む

↑このページのトップヘ