タグ:ロシアW杯

1: 数の子 ★ 2018/05/16(水) 22:26:45.48 ID:CAP_USER9
イングランド代表は16日、ロシア・ワールドカップへ臨む23名を発表した。

2018-05-16-england_1iu10hwc792z1ntvrdy2c4qxc

エースのハリー・ケインやデレ・アリらトッテナム勢が最多となる5名選出され、レスター・シティで岡崎慎司の相棒であるジェイミー・バーディーも初のワールドカップへと臨むことが決まった。

一方で、代表常連メンバーとなっていたGKジョー・ハート(ウェスト・ハム)、MFジャック・ウィルシャー(アーセナル)はクラブでの芳しくないパフォーマンスから、本大会行きのメンバーから外れることとなった。

なお、グループGに入っているイングランドは、ロシア・ワールドカップでベルギー、パナマ、チュニジアと対戦する。

発表されたメンバーは以下のとおり。

GK

ジャック・バトランド(ストーク・シティ)

ジョーダン・ピックフォード(エヴァートン)

ニック・ポープ(バーンリー)

DF

アレクサンダー・アーノルド(リヴァプール)

ハリー・マグワイア(レスター・シティ)

ガリー・ケーヒル(チェルシー)

ダニー・ローズ(トッテナム)

フィル・ジョーンズ(マンチェスター・U)

ジョン・ストーンズ(マンチェスター・C)

アシュリー・ヤング(マンチェスター・U)

キーラン・トリッピアー(トッテナム)

カイル・ウォーカー(マンチェスター・C)

MF

デレ・アリ(トッテナム)

ファビアン・デルフ(マンチェスター・C)

エリック・ダイアー(トッテナム)

ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)

ジェシー・リンガード(マンチェスター・U)

ルーベン・ロフタス=チーク(クリスタル・パレス)

ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)

FW

ハリー・ケイン(トッテナム)

マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)

ジェイミー・バーディー(レスター・シティ)

ダニー・ウェルベック(アーセナル)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000026-goal-socc

続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/15(火) 20:35:24.99 
ドイツ代表が15日、ロシア・ワールドカップへ臨む予備登録メンバー27名を発表した。

m_goal-1q2m6bs3wjbhc19ore1jifmxzi

負傷離脱が長引き、今季はリーグ戦3試合の出場にとどまった主将で守護神のマヌエル・ノイアーはメンバー入り。バイエルン・ミュンヘンでのシーズン最終戦、DFBポカール決勝での実戦復帰を目指す。 また、トーマス・ミュラー、メスト・エジル、トニ・クロースといった前回ワールドカップ優勝を経験した主力選手たちも順当に選出された。

バイエルン・ミュンヘンのセンターバックコンビであるジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルスはともにシーズン終盤で負傷したものの、ともにメンバー入り。

ロシア・ワールドカップ開幕には間に合うと判断されたようだ。 度重なるケガで前回のブラジル・ワールドカップ、ユーロ2016と欠場を余儀なくされてきたマルコ・ロイスも予備登録に名を連ねた。

グループFのドイツはワールドカップ初戦で、6月17日にメキシコと対戦する。 発表されたメンバーは以下のとおり。

GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)
ベルント・レノ(レヴァークーゼン)
マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
ケヴィン・トラップ(パリ・サンジェルマン)

DF
ジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)
マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)
ヨナス・ヘクター(ケルン)
マッツ・フンメルス(バイエルン・ミュンヘン)
ヨシュア・キミヒ(バイエルン・ミュンヘン)
マルヴィン・プラッテンハルト(ヘルタ・ベルリン)
アントニオ・リュディガー(チェルシー)
ニクラス・ジューレ(バイエルン・ミュンヘン)
ヨナタン・ター(レヴァークーゼン)

MF/FW
ユリアン・ブラント(レヴァークーゼン)
ユリアン・ドラクスラー(パリ・サンジェルマン)
マリオ・ゴメス(シュトゥットガルト)
レオン・ゴレツカ(シャルケ)
イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)
サミ・ケディラ(ユヴェントス)
トニ・クロース(レアル・マドリー)
トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
メスト・エジル(アーセナル)
ニルス・ペーターゼン(フライブルク)
マルコ・ロイス(ドルトムント)
セバスティアン・ルディ(バイエルン・ミュンヘン)
レロイ・サネ(マンチェスター・シティ)
ティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ) (※DFBはMF及びFWをひとつのカテゴリーとして発表) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000027-goal-socc
続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/04(金) 12:07:31.90
92a003f9

北米大手メディア『ESPN』のスペイン語版が、ロシア・ワールドカップに臨むアジアの代表チームについて特集記事を展開している。
その中では日本代表についても触れているが、なかなか厳しい意見を交えながら、日本の現状について紹介した。

記事では「ブラジルW杯では、アジアのチームは16強に勝ち上がることができなかった。それどころか勝利さえも遠かった。
ロシアでもアジアの国はグループリーグで厳しい組み合わせになり、苦戦は避けられないだろう」と伝えている。

日本については「アジア最終予選ではホームでUAEに信じられない形で黒星を喫したものの、すぐさま立て直すことに成功し、過去20年間と同様に本大会出場を決めた」と紹介。

その一方で「だが、日本は直前になって指揮官交代という決断を下した。ヴァイッド・ハリルホジッチの後任は西野朗となったが、
この交代劇がワールドカップに向けてプラスになるかどうかは不明だ」と伝え、日本の現状を客観的に紹介している。

また「他のアジア枠の国に比べると、日本はコロンビア、ポーランド、セネガルと同組になっており、もし躍進を見せたら勝ち上がる可能性は高いかもしれない。
ただ、現状の日本代表は指揮官交代によってスタイルやチームのアイデアが不明瞭なため、グループリーグを勝ち上がり、決勝トーナメントに進出したら、それは本当の驚きだ」と報道。

指揮官交代や組織の未成熟などを理由に、日本の苦戦を予想している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00010002-goal-socc

ロシアW杯 日程表
http://www.jfa.jp/samuraiblue/worldcup_2018/schedule_result/

続きを読む

↑このページのトップヘ