タグ:ロシアW杯

1: 名無しさん@Times 2018/06/30(土) 03:20:25.77 _USER9
原口「特別な試合必要」議論よそにベルギー戦にらむ

20180630-00253837-nksports-000-7-view

 サッカー日本代表MF原口元気(ハノーバー)が、ポーランド戦の終盤にペースを落とした日本の戦い方が一部で物議をかもしていることについて「3試合で突破することを考えて、自分たちがどれだけ戦ってポイント(勝ち点)をとってきたか、見てくれている人はわかると思う」と自身の考えを言葉にした。

 原口は「(批判を)言いたい人は言いたいと思う」と、盛り上がりに欠けた事実には理解を示した。その上で、「本当の勝負の世界に生きて、国を背負って、真剣勝負をしている人には気持ちはわかると思う」と率直に話した。「批判している人は、本当にぎりぎりの戦いをしたことがない人なのではないか」と、直球の言葉で続けた。「突破したことに誇りを感じている」。結果がすべての世界で、厳しい状況を跳ね返したチームに胸を張った。

 ポーランド戦の議論をよそに、すでに目線はベルギーとの大一番に向かっている。1次リーグも強者ぞろいだったが、FIFAランク3位のベルギーはさらに1段上をいく。「普通にやっても勝てないレベルの相手。特別な試合をしないと」と、史上初の8強進出は相当高い壁があると感じている。

 とはいえ、「次にチャンスがいつくるかわからないというくらい難しかった」と振り返る1次リーグ突破。つかんだチャンスをみすみす逃すつもりは毛頭ない。「1試合で終わらず、1歩前に進みたい」。決勝トーナメントに向けて気持ちを新たにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00253837-nksports-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/29(金) 01:56:36.07 _USER9
6/29(金) 1:47配信
西野ジャパンの時間稼ぎは是か否か…ネット上では賛否両論

◆W杯ロシア大会▽1次リーグH組 ポーランド1-0日本(28日・ボルゴグラード)

 決勝トーナメント進出を決めた西野ジャパンが取った時間稼ぎの戦術に、スタジアムでは大ブーイングが巻き起こった。

976

 日本国内ではツイッターなどネット上で賛否両論の意見が交錯。セネガルがコロンビア戦で同点ゴールを挙げればグループリーグ敗退となっていた消極的な戦いに「負けているのに時間稼ぎしてフェアプレーポイントで突破狙うって、フェアプレーに欠けている」との意見も出るなど、批判も続出した。

 一方で決勝トーナメント進出を決めたことで、西野監督の割り切った度胸をたたえる声も多数あった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000047-sph-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/29(金) 04:52:09.28 _USER9
 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が28日に行われ、イングランド代表とベルギー代表が対戦した。

20180629-00785872-soccerk-000-2-view

 2連勝ですでに突破を決めている両チームが首位もしくは2位通過をかけて激突。イングランドはスタメンを8名変更し、ジェイミー・ヴァーディやマーカス・ラッシュフォードらに加え、19歳のトレント・アレクサンダー・アーノルドも先発出場した。

 一方のベルギーはティボー・クルトワとデドリック・ボヤタを残して9名を変更。ミシー・バチュアイ、マルアン・フェライニ、アドナン・ヤヌザイらがスタメン入りし、ハムストリングの負傷で離脱していたトーマス・ヴェルマーレンも先発で復帰を果たした。

 試合はこのまま1-0でベルギーが勝利。3連勝で首位突破となり、決勝トーナメント1回戦は7月2日に日本代表と対戦する。敗れたイングランドは2位通過で、7月3日にコロンビア代表と対戦する。

【スコア】
イングランド代表 0-1 ベルギー代表

【得点者】
0-1 51分 アドナン・ヤヌザイ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00785872-soccerk-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/29(金) 00:58:41.21 _USER9
976

【結果】
日本代表 0-1 ポーランド

【得点者】
ヤン ベドナレク (後半14分)

<ロシアW杯>日本辛くも決勝トーナメント進出

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は28日、ボルゴグラードでの最終第3戦でポーランドと対戦。0-1で敗れた。同時に行われていたコロンビア-セネガル戦で、勝ち点4で並んでいたセネガルが0-1で敗れた。

 H組は勝ち点6でコロンビアが1位通過、日本とセネガルは▽全体の得失点差▽全体の総得点▽直接対決の結果で並んだが、▽警告や退場による「フェアプレーポイント」の差でセネガルを上回り、辛くも決勝トーナメントに進出した。日本の決勝トーナメント進出は、2010年の南ア大会以来3度目。

https://mainichi.jp/articles/20180627/hrc/00m/050/001000d

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times 2018/06/28(木) 12:04:04.63 _USER9
予想外の結果に打ちひしがれるドイツ代表司令塔と怒るファンが試合後に衝突した。

ドイツ代表MFのメスト・エジルが試合後に一部のサポーターと口論に発展したようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

t2OM6WU

27日に行われたワールドカップのグループF第3戦でドイツ代表はグループ突破を懸けて韓国代表と対戦した。この試合に先発で出場したエジルだが、大きな見せ場を作れず、チームも終了間際に2失点を喫して、敗戦。この結果、前回大会王者は早々に姿を消すこととなった。

この試合結果に対して失望を隠し切れないエジルは、タッチラインにスウェットバンドを投げつけ、その後ベンチに座り込み頭を抱えるなど落胆した様子が映し出されていた。

そして、ロッカールームへと引き上げようとする背番号10のエジルに対して、通路付近に集まった一部のサポーターが怒りの矛先を向ける。すると同選手もサポーターに対して憤りをあらわにして口論に発展。スタッフが割って入り、ドイツ代表司令塔は足早に通路の奥へと進んでいった。

しかし、ファンの怒りはこの日のプレーだけではなく、エジルがW杯直前に、イルカイ・ギュンドアンとともにトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領を表敬訪問したことも背景にあるようだ。市民団体やジャーナリスト、政治的反対者などを逮捕し、人権団体から非難される同大統領と面会したことは問題視されており、両選手は大会前の国際親善試合からブーイングの標的とされていた。

大会前の行動と今大会を通してのエジルのパフォーマンスにサポーターの怒りが今回ついに爆発してしまったようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000004-goal-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

↑このページのトップヘ