タグ:ヴィッセル神戸

1: 名無しさん@蹴球 2018/06/01(金) 21:17:40.46 _USER9
J1神戸 イニエスタ効果か チケット先行販売10倍増

20180526-00010000-jijv-000-thumb
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00000018-kobenext-socc

J1神戸は1日、7月のホーム開催2試合のチケットをファンクラブ会員に先行販売した。開始から3時間の売り上げは、通常の約10倍に上ったといい、完全移籍で加入したスペイン代表MFイニエスタ(34)への期待感が急激な販売増につながったとみられる。
先行販売は7月22日の湘南戦と同28日の柏戦。イニエスタの合流時期はワールドカップでの結果により、現時点では未定だが、神戸デビューの可能性がある2試合に申し込みが殺到した。

先月26日に本拠地・ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で行われた歓迎イベントには8281人が訪れるなど、イニエスタ人気は急上昇している。チケットの一般販売は5日午前11時から。J1神戸チケットセンター。

続きを読む

1: ゴアマガラ ★ 2018/05/26(土) 21:41:50.15 _USER9
12歳から名門バルセロナで過ごしたイニエスタは、選手としてだけでなく、育成面でも期待が大きい。自身も乗り気で「ユースシステムから貢献し、人材も連れてきたい」と三木谷会長に伝えている。

 1899年創設のバルセロナは「カンテラ」と呼ばれる下部組織を運営し、トップチームと同じ戦術を採用するなど育成法を一貫させている。
イニエスタのほか、アルゼンチン代表FWのメッシもカンテラの出身だ。

 神戸の下部組織は既に日本トップクラスの力を誇る。U-18(18歳以下)は昨季、高校生年代最高峰のプレミアリーグ西地区を制覇。
エースだったMF佐々木は今季Jリーグで早速ゴールを決め、昇格3年目のDF藤谷は2020年東京五輪の有望株として期待されている。

 現状に満足せず、さらなる発展に向けた切り札が、イニエスタだ。推定年俸約30億円の巨額投資も、バルセロナ式のパスサッカーを推進するトップチームの強化だけでなく、
育成スタイルをも取り込むためだった。バルセロナからのコーチ派遣も検討されている。

 名手に育成の伝道師としての役割も求める三木谷会長は「(神戸の)育成システムが手本になるように」と語り、アジアのナンバーワンクラブへの歩みをさらに加速させる。(有島弘記)

20180526-00000026-kobenext-000-3-view

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00000026-kobenext-socc

続きを読む

1: あずささん ★ 2018/05/26(土) 17:20:08.36 _USER9
スペイン1部リーグのバルセロナからJ1神戸入りした同国代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が26日、本拠地のノエビアスタジアム神戸で行われた歓迎イベントに出席した。背番号8のユニホーム姿で登場すると、約8300人のファンからは大歓声。イニエスタは「皆さんと一緒に神戸をより偉大にしていきたい」と呼び掛けた。

20180526-00010000-jijv-000-thumb
DeF1evIUwAEQDRK

  
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00010000-jijv-spo

続きを読む

1: Egg ★ 2018/05/26(土) 10:42:20.66 _USER9
スペイン1部バルセロナからJ1神戸に完全移籍で加入した同国代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が26日、本拠地のノエビアスタジアム神戸でサポーターへ向けたお披露目イベントに出席した。

DeF1evIUwAEQDRK
20180526-00000042-dal-000-3-view

 背番号8のユニホーム姿を初披露したイニエスタは、集まった大勢のサポーターを前に「今日は集まってくれてありがとうございます。日本に来てからのこの3日間、感謝の気持ちでいっぱいです」とあいさつ。「私にとって日本での挑戦は大きな挑戦。たくさん練習をして、多くのことを学んで、皆さんと一緒にこのヴィッセル神戸をより偉大なチームにしたい」と力強く語った。

 この日の朝にはクラブハウスを見に行ったといい、「これからプレーするのが楽しみ」と笑顔。「サッカーにおいても人生においても常にベストを尽くすことが大事。ヴィッセルでリーグ優勝をして、願わくばアジアを制覇したい」と壮大な野望を口にした。

 イニエスタは12歳でバルセロナの下部組織に加入し、02年にトップチームでデビューして以来バルセロナ一筋。計32個のタイトル獲得に貢献した世界的スター選手だ。W杯には06年、10年、14年と3大会連続出場中で、18年ロシア大会のスペイン代表にも選出されている。

 J1神戸は現在リーグ戦6勝4分け5敗の6位。W杯終了後にチームに合流する予定となっている。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00000042-dal-socc

続きを読む

1: Egg ★ 2018/05/25(金) 19:16:16.58 _USER9
スペイン代表のアンドレス・イニエスタが、Jリーグの神戸に新天地を求めた。極東への移籍が決まった一方で、“ヨーロッパのトップクラブでまだできる”という声もある。では、スペインメディアはイニエスタの日本行きについてどう見ているのか、『Goal』スペインのイグナシ・オリバは次のような見解を述べている。

20180525-00000035-goal-000-3-view

「アンドレスはアメリカのMLSや、UAEなど中東でプレーすることを望んでいなかった。彼はかなり以前から日本に興味を持っていたし、実際に憧れがあったようだ」

「アジアの中でも、日本は過去数十年に渡って、世界をリードしてきた先進国だ。もちろん(Jリーグの)サッカーの質も事前にチェックしていただろうけど、治安だったり文化的な面を考慮した結果、アンドレスにとっては日本がとても魅力的な場所だったんだろう。近年、中国のクラブがビッグネームを次々獲得する事例があったけど、彼は中国行きも望まなかった。もちろん、神戸側がアンドレスを納得させる条件を提示したことも大きかっただろうけどね」

その一方でオリバ氏は「アンドレスは以前からミカエル・ラウドルップに憧れていた。ラウドルップは元バルサの選手でもあるけれど、のちに神戸でもプレーしていた。もし、アンドレスがラウドルップに日本行きを相談していたとしたら面白いよね」と発言。イニエスタにとって憧れの存在であるレジェンド、ラウドルップがかつて神戸でプレー(1996~1997)していたことも、Jリーグ挑戦の後押しになったと見ている。

また、イニエスタは過去に2005年のオフシーズンマッチや、2006年、2011年、2015年とクラブ・ワールドカップなどで何度となく日本を訪れている。その滞在期間を通して、日本に好印象を持っていたようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000035-goal-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ