タグ:中島翔哉

1: Egg ★ 2018/05/25(金) 18:23:55.24 _USER9
20180525-00010006-goal-000-1-view

中島翔哉にパリ・サンジェルマンが関心を示しているとポルトガルメディアで報じられていたが、本国フランスでもその話題が注目を集めているようだ。

フランス『Foot01』は「日本の若者に2000万ユーロ(約26億円)は賭けになるのだろうか」という見出しで、中島翔哉にスポットを当てている。記事では「フランス王者は守備的MF、左ウイング、GKのポジションで強化をすることになるだろう。攻撃的なセクションとしては、ハビエル・パストーレとアンヘル・ディ・マリアが売却対象となっており、その代案確保は急務だ」と紹介。

「ポルティモネンセのロブソン・ポンテGMは、この若者がパリにやってくる可能性を示唆している。このアタッカーはポルトガルリーグで今季10ゴールを挙げている」

その一方で、「パリSGが関心を示すほどの選手でありながら、この日本人選手はロシア・ワールドカップで招集される見通しがないようだ。また、中島は契約解除金を2000万ユーロ(約26億円)に設定している。この選手は移籍市場で注目されており、ポルト、ベンフィカ、スポルティング、ドルトムント、シャフタール、ガラタサライからも視線を集めている」と報じ、契約解除金の設定や複数の有力クラブが関心を示していることから、移籍の障壁が高いことを強調している。

また、この記事について地元フランスのサッカーファンは「この選手は10ゴールだけでなく10アシストを記録しているし、とてもいい選手」、「マーケティングの面も含めて、とても大きな可能性を持っている補強になるんじゃないかな」といった反応を示している。ポルトガル挑戦1年目から飛躍を果たした中島だが、移籍先の候補となっているフランスでも注目を集める存在となっているようだ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00010006-goal-socc

続きを読む

1: Egg ★ 2018/05/23(水) 07:05:25.81 _USER9
・パリの名門なら2000万ユーロの違約金も軽々と?

20180523-00040789-sdigestw-000-4-view

この夏の移籍市場を賑わす存在となりそうだ。
 
 2017-18シーズンのポルトガル・リーグで一躍ブレイクを果たし、スターダムを駆け上がった中島翔哉。入団1年目ながら10得点・12アシストをマークし、いまやポルティモネンセの押しも押されもしない攻撃の中軸だ。FC東京からの完全移籍が早々に発表され、いまや複数の強豪クラブが引き抜きを画策している。
 
 そんななか、ポルティモネンセの強化部門でトップを務めるロブソン・ポンテ氏が自身のインスタグラムを更新して私見を述べた。かつて浦和レッズでプレーし、2007年にはJリーグMVPに輝いたあのレジェンドである。2年前に同クラブのテクニカルディレクターに就任した同氏は、まず今回の中島の落選についてこう持論を展開した。
 
「なぜナカジマが落選したのか理解できないよ。ニシノ監督は明らかに間違っている。35年間サッカーをしてきたけど、信じがたいコメントだ。『ナカジマはポリバレントではない』なんてね。彼は4つのポジションでプレーして、10得点・12アシスト。アシスト数はチームトップで、リーグ全体では4番目だ。しかもリーグのベストイレブンにも選ばれているんだよ」
 
 ポンテTDはそこまで記して、中島がどれだけ欧州で評価されているのかを示すため、正式オファーを出してきた6クラブの名前を明かした。
 
「現在オフィシャルなオファーが届いているのは6つのクラブ(パリ・サンジェルマン、ポルト、ベンフィカ、スポルティング、シャフタール、ガラタサライ)。加えて10以上のクラブが興味を示しているんだ」
 
 これまでボルシア・ドルトムントやヴォルフスブルクなどのドイツ勢やアトレティコ・マドリー、サウサンプトンなどさまざまなクラブが候補に挙がっていたが、強化責任者が明示した6つの名前にはやはりリアリティーがある。しかもトーマス・トゥヘル新政権が誕生したばかりのパリSGは、一度も候補リストに挙がってこなかった。この世界屈指のメガクラブであれば、ポルティモネンセが設定したとされる2000万ユーロ(約26億円)の違約金も難なく支払えるだろうか。

つづく
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180523-00040789-sdigestw-socc

続きを読む

1: 動物園φ ★ 2018/05/21(月) 20:25:01.18 _USER9
ec61ba346adea582b748b11932dd25ed

 ロシアW杯(6月14日開幕)に臨むサッカー日本代表は21日、親善試合・ガーナ戦(30日、日産スタジアム)に向けて千葉県内で合宿をスタートさせた。4月に就任した西野朗監督のもとでは初練習となり、FW本田圭佑(パチューカ)、MF香川真司(ドルトムント)ら海外組10人が、約1時間にわたって汗を流した。

 西野監督が、18日のメンバー発表会見で発した「ポリバレント」についての真意を説明した。初練習後に取材に応じ、ポリバレントについての自身の解釈を問われると「間違いなく複数のポジションをこなせることは本当に大事なので、こういう本大会に向けてはそういう選手は必要」と説明。

 その上で「全員がポリバレントでなければいけないという意味で言ったわけではない」。ポルトガルリーグで結果を残しながら落選となった中島への反響が大きかったが、指揮官は「決してポリバレントがないから外したというのを言ったわけではない。競争の中で、選択肢の中で選ぶことができなかったということ」と話していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000152-dal-socc

続きを読む

1: pathos ★ 2018/05/20(日) 14:37:07.00 _USER9
a1134_260_2018-03-23-nakajima_h4ltbk1c05cb1wexo091gqx2v

 ロシアワールドカップに向けた27人の日本代表候補メンバーが発表された。驚きだったのは、今季ポルトガルで大ブレイクを遂げたFW中島翔哉の名前がなかったことである。「ポリバレントではない」というのが西野朗監督からの評価。仮に指揮官の言葉が嘘偽りない真実だったとしたら、その見方は適正だったのだろうか。(取材・文:舩木渉)

中島をポルトガルに熱心に誘って移籍を後押ししたポルティモネンセのポンテTD(テクニカルディレクター)も自身のフェイスブックを更新して「中島が(日本代表から)外れたのは全くもって理解できない。西野監督は大きなミスを犯した。私は35年間サッカーの世界にいるが…あのコメントは信じられない」と憤りをあらわにした。

 かつて浦和レッズでもプレーしたポンテ氏が指摘した「あのコメント」とは「中島はポリバレントではない」という部分。それに対して「彼は今季、4つの違うポジションでプレーしていた。リーグのアシストランキングでも4位で、10ゴール12アシスト。リーグのベストイレブンだ」と反論する。

 今季の中島は29試合中21試合がフル出場だったが、そのような試合の多くでは他のポジションの選手交代にともなって、左ウィングから2トップの一角やトップ下、右ウィングに移った。試合ごとに違う戦術の中でも、監督の信頼を得てピッチに立ち続け、ポンテ氏の言うような「4つのポジション」以上に多くの役割を果たしていたとも言える。

 さらに「クラブにはパリ・サンジェルマン、ポルト、ベンフィカ、スポルティングCP、シャフタール・ドネツク、ドルトムントという6つのビッグクラブから公式オファーが来ている。さらに10以上のクラブが彼に関心を示している」と明かし、「ミスター・ニシノは中島のパフォーマンスと価値を本当に理解しているのか? 不正を働いたのではないか?」と西野監督の決断に疑問を呈した。

全文:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180520-00010001-footballc-socc

続きを読む

1: 豆次郎 ★ 2018/05/18(金) 13:48:38.65 _USER9
5月18日、ロシアワールドカップ前の最終キャンプに入る、サッカー日本代表35人のメンバーが発表された。

a1134_260_2018-03-23-nakajima_h4ltbk1c05cb1wexo091gqx2v

ロシアワールドカップ本戦へ向け、最後の調整となる代表の活動に参加する27名の選手が発表された。
代表から長く離れていたサンフレッチェ広島の青山敏弘が選出された。「今のJ1での広島の活躍は彼がいるからである」監督の西野はそう語った。

ポルトガルで活躍していた中島翔哉の落選について質問された西野は「非常に1年間ポルトガルのリーグで結果を残してきた。しかし彼はポリバレントではなかった。日本代表にとって彼の位置するポジションは一番膨らむ。したがって選出しなかった。」

日本中が彼の世界での活躍に期待をしていた。がっかりしたファンも少なくないだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00010009-sportes-socc

続きを読む

↑このページのトップヘ