タグ:原口元気

1: 名無しさん@Times 2018/06/30(土) 03:20:25.77 _USER9
原口「特別な試合必要」議論よそにベルギー戦にらむ

20180630-00253837-nksports-000-7-view

 サッカー日本代表MF原口元気(ハノーバー)が、ポーランド戦の終盤にペースを落とした日本の戦い方が一部で物議をかもしていることについて「3試合で突破することを考えて、自分たちがどれだけ戦ってポイント(勝ち点)をとってきたか、見てくれている人はわかると思う」と自身の考えを言葉にした。

 原口は「(批判を)言いたい人は言いたいと思う」と、盛り上がりに欠けた事実には理解を示した。その上で、「本当の勝負の世界に生きて、国を背負って、真剣勝負をしている人には気持ちはわかると思う」と率直に話した。「批判している人は、本当にぎりぎりの戦いをしたことがない人なのではないか」と、直球の言葉で続けた。「突破したことに誇りを感じている」。結果がすべての世界で、厳しい状況を跳ね返したチームに胸を張った。

 ポーランド戦の議論をよそに、すでに目線はベルギーとの大一番に向かっている。1次リーグも強者ぞろいだったが、FIFAランク3位のベルギーはさらに1段上をいく。「普通にやっても勝てないレベルの相手。特別な試合をしないと」と、史上初の8強進出は相当高い壁があると感じている。

 とはいえ、「次にチャンスがいつくるかわからないというくらい難しかった」と振り返る1次リーグ突破。つかんだチャンスをみすみす逃すつもりは毛頭ない。「1試合で終わらず、1歩前に進みたい」。決勝トーナメントに向けて気持ちを新たにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180630-00253837-nksports-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times
2018-02-09-haraguchi-

ハノーファーが12日、ヘルタ・ベルリンからデュッセルドルフにレンタル移籍していた27歳の日本代表FW原口元気を完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は2021年6月までとなっている。さらに、背番号は「10」を与えられた。

 原口はヘルタでなかなか出番がなく冬にフォルトゥナ・デュッセルドルフへ期限付き移籍を果たす。新天地では13試合に出場しチームの2部優勝の原動力となった。なおハノーファーには今季シュトゥットガルトでプレーしていた浅野拓磨も加入する事が決まっており来季は日本人コンビの活躍が期待される。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180613-00274188-footballc-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times
20180604-00000017-goal-000-4-view

サッカー日本代表で復権したMF本田圭佑(31=パチューカ)を“ディスった”という渦中の男が激白だ。6月14日(同15日)開幕のロシアW杯に臨む西野ジャパンで、本田との連係について語った3日のコメントが「皮肉たっぷり」「本田批判」などと一部サポーターの間で騒動となっているMF原口元気(27=デュッセルドルフ)を直撃。注目発言の真意とは――。

 ――本田からのパスについて“1テンポ遅く動くとちょうどいい”という趣旨の発言が一部で話題になっている

 原口:そうなんですか。ああ、なんか…。

 ――“本田にスピードがない”との指摘と受け取った人も多くいた

 原口:別に分かっている人が分かってればいい。分からない人は、どう説明しても分からないんじゃないか。彼(本田)の持ち味はしっかり“タメれる”ことであって、そこで時間ができることによって、相手が食いついた瞬間に裏(を狙う)というのもある。良い意味での、ワンテンポ遅くというのはある。

 ――具体的には

 原口:(2016年10月のW杯アジア最終予選)アウェーのオーストラリア戦のとき。良い感覚で(本田は)普通だったらダイレクトで(パスを)出すところをターンしたりとか。あのシーンも1個、ワンテンポ遅く出てちょうどよく(自分がゴールを)決められた。ああいうイメージかな。どちらかというと。

 ――そうした本田独特の間合いは武器になる

 原口:もちろん、間違いなく僕らフリーランする側からするとすごく助かる。常に一辺倒のタイミングじゃなくて彼が入ることによってタメができて、僕じゃなくて、さらにサイドバックが上がったりとかできるから。そういうこと(攻撃に厚みが出る)ですよ。

 ――クラブでは主に左サイド、代表では右サイド。カットインの練習は違和感を埋める作業か

 原口:もちろん、一番得意なのは左だけど(前所属の)ヘルタ(ドイツ)でも長い時間、右サイドをやっていたし、そんなに違和感なくやれる。ドリブルに関しては左サイドのほうがやりやすいけど、やるからには突破したいし、シュートに持っていきたいので、今日(の練習)は相手を付けて良い感覚を取り戻せるようにした。

 ――初めてのW杯に向かっていく中でコンディション、メンタル、どう持っていくトライか

 原口:僕は何も心配していない。普通。普通にやっていれば必ず…。コンディションに関しては何年も自分と会話してきた、自分の体と。どうしたら上がっていくかとか、どういうタイミングでトレーニングしたら上がっていくかとか分かっている。その気持ちの面も含め、本当に一発勝負でグッと入る試合は得意だと思っている。あんまり心配していない。

 ――W杯最終予選では4試合連続ゴールと勢いがあった。8日(日本時間9日)のスイス戦で得点すれば波に乗れる

 原口:もちろん、どの試合も(ゴールを)取りたいし、取れたらいい…。難しいけど本番で取れたらいい。でも次(スイス戦)に取れたらいいね。自信になるから。

【一部発言だけ切り取られ対立あおられる】

「本田ディスり」騒動の発端は、原口が3日の練習後に取材で語った言葉だった。

 西野監督が取り入れた3バックシステムで、同じ右サイドでコンビを組む本田との連係について「一番ボールが収まる選手。彼に当てたときは、他の選手よりも1テンポ遅いくらいで出て行ったほうが合うと思う。うまく使えたら良さが出るし、僕の良さも引き出してもらえると思います」とコメントした。

 すると、原口の発言を目にした一部ファンの間で「他の選手よりも1テンポ遅い」との部分だけがクローズアップ。スピードのない“本田批判”との声が続出した。「これ実質的な本田dis(ディス)だな」「これ相当イラつかれてんな」「ケイスケホンダ嫌味言われてて笑える」などと、原口と本田が対立しているかのような構図となり“炎上”していた。

【“炎上隊長”長友が絶賛】“炎上隊長”の日本代表DF長友佑都(31=ガラタサライ)が原口を絶賛した。「あれだけ走ってくれるのは彼も海外にいて、自分のことを理解し、スプリントを磨いている。今日もジムに行ったら、トレーニングしている姿を見た。今の活躍も、裏づけされていますよね」と話した。また、自身の現状についても「難しい状況の方が燃える。何度も『長友は厳しいんじゃないか』と言われてきた。その度に反骨心にして絶対に這い上がってやると思ってやってきた」と。気合をみなぎらせていた。

東京スポーツ 6/7(木) 11:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000004-tospoweb-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: 名無しさん@Times

20180604-00000017-goal-000-4-view
日本代表MF原口元気は、ロシア・ワールドカップ(W杯)前にヘルタ・ベルリンからハノーファーに移籍することになるようだ。ドイツ誌『キッカー』によれば、クラブ間は合意に近づいているという。

レンタルプレーヤーとしてFW宇佐美貴史とともにフォルトゥナ・デュッセルドルフの1部昇格に貢献した原口だが、完全移籍で同クラブに残ることはなく新クラブに向かう。先日FW浅野拓磨がアーセナルから1年間の期限付きで加入したハノーファーは、ヘルタとの交渉がほぼまとまっていると伝えられている。

当初の報道では、ハノーファーは原口の獲得に向けてヘルタに300万ユーロ(約3億9000万円)の移籍金を提示したのに対し、ヘルタ側は500万ユーロ(約6億4000万円)を要求していたと伝えられていた。また、ヘルタは原口の去就についてはW杯後の決定を希望していた模様。しかし、新たな報道によると、ハノーファーはオファーを500万ユーロ近くに上げ、ヘルタと概ね合意に至ったという。

従って、原口のハノーファー移籍はW杯前に完了することも考えられるとのこと。また『キッカー』曰く、フォルトゥナのほか、ともに名が明らかになっていないブンデスリーガもう1つのクラブ、そして国外の1クラブも原口の獲得に具体的に動き出していたが、ハノーファーが争奪戦を制したと見られる。

なお2016-17シーズンは2部に所属していたハノーファーだが、今シーズンは1年ぶりに1部に復帰。アンドレ・ブライテンライター監督の下で、シーズンを13位で終えた。過去には現マルセイユのDF酒井宏樹や、現セレッソ大阪のMF清武弘嗣、山口蛍が所属し、同クラブ4人目の日本人選手の浅野に続き、原口は5人目となることがもはや既定路線となっているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000017-goal-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

↑このページのトップヘ