タグ:CL

1: 名無しさん@Times
AFP=時事】イングランド・プレミアリーグのリバプール(Liverpool FC)に所属するGKロリス・
カリウス(Loris Karius)が、レアル・マドリード(Real Madrid)との欧州チャンピオンズリーグ(U
EFA Champions League 2017-18)決勝で失点に繋がるミスを犯した直前に、脳振とうを起こし
ていたことが4日、明らかになった。

20180605-00000014-jij_afp-000-4-view

 この診断結果を発表したのは、米ボストンで働く2人の医師で、チャンピオンズリーグ決勝が行
われた5日後の先月31日に、マサチューセッツ総合病院(Massachusetts General Hospital)でカリ
ウスに対して総合的な検査を行ったという。

 両医師は、「試合の映像を注意深く再確認し、詳細な病歴や身体検査、他覚的な基準を統合した
結果、われわれはカリウス選手が5月26日の試合中に脳振とうを起こしていたという結論に至った」との声明を出した。

 カリウスはこの試合の後半4分、レアルのDFセルヒオ・ラモス(Sergio Ramos)と衝突した際に肘
打ちを受けたと審判に対して主張していたが、このプレーに罰則が下ることはなかった。

その2分後、カリウスは味方選手にボールを送ろうとしたものの、相手FWのカリム・ベンゼマ(Karim Ben
zema)にボールを渡し、レアルの先制を許すというミスを犯した。
さらにカリウスはその後、ギャレス・ベイル(Gareth Bale)のシュートをつかみ損ねるという決定的なミスを
しており、リバプールの3失点目により勝敗は決した。

 両医師は脳振とうがカリウスのパフォーマンスに影響を与えた可能性はあるとし、以下のように続けた。

「検査時にカリウスが訴えた後遺症や他覚的徴候を考えると、セルヒオ・ラモスと交錯した直後に視覚的な
機能障害が生じていたのかもしれない」

 また両医師は、脳振とうを引き起こした出来事からカリウスが確実かつ安定的に改善していると話している。

「診断の結果に基づき、彼が完全に回復することを期待している」「われわれはカリウス選手に対して用心
するよう助言し、完全にプレーできるよう復帰するためには安全であることを重要視すべきだと伝えた」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000014-jij_afp-socc

引用元:5ch.net

続きを読む

1: Egg ★ 2018/05/28(月) 06:30:22.84 _USER9
リヴァプールのドイツ人GKロリス・カリウスが27日、自身のInstagramを更新し、チャンピオンズリーグ(CL)決勝での敗戦につながったミスを改めて謝罪した。

20180528-00765240-soccerk-000-view

カリウスは26日に行われたCL決勝のレアル・マドリード戦で先発出場し、前半を無失点で終えたが、51分に味方に投げたボールをフランス人FWカリム・ベンゼマにカットされて先制点を献上。さらに1点を失って迎えた83分には、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの無回転ミドルを後逸してしまい、レアルに試合を決める3点目を与えていた。90分を通じて、いくつか好セーブを披露するなど健闘もしたが、2度のミスが1-3の敗戦につながってしまった。

試合後には涙ながらにサポーターに謝罪し、インタビューでは「僕のミスで大きな代償を払ってしまった。あの時に戻れるなら戻りたい」とコメント。現地のサポーターは謝罪する同選手に温かい拍手を送っていたが、SNS上では殺害の脅迫文が送られ、警察が調査する事態になっていた。そして、決勝から一夜明けた27日に改めて心境を明かした。

「今まであまり眠れていないんだ…。あのシーンが何度も何度も頭をよぎるよ…。チームメイトやファン、全スタッフに、果てしなく申し訳ないと思っている。2つのミスで試合を壊し、みんなを失望させてしまった。前も言ったように、時間を戻したいが、不可能なのはわかっている。チームがレアル・マドリードを倒せると信じて戦っていたから、もっとひどい。キエフまで来て、試合後でも僕の背中を押してくれた素晴らしいファンたちに感謝したい。許されたとは思っていない。改めて僕らが一つのビッグファミリーだと感じたよ。ありがとう、そしてまた強くなって戻ってくる」

この投稿にはリヴァプールのチームメイトも反応。クロアチア代表DFデヤン・ロヴレンは「僕らはチームで勝ち、そしてチームで負けるんだよ、ロリス! 君は最高のブラザーだ」と返信し、セネガル代表FWサディオ・マネも「僕らは君を愛しているよ」と優しい言葉を返した。

さらに、今シーズンはヴォルフスブルクにレンタル移籍をしていたベルギー代表FWディヴォック・オリジも「顔を上げるんだ。多くの愛を送るよ」とコメント。昨夏リヴァプールからラツィオに移籍したブラジル人MFルーカス・レイヴァも「強くあれ! 君がまた強くなると確信しているよ」とエールを送った。

ゲキサカ 5/28(月) 5:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00765240-soccerk-socc

動画 試合ハイライト スカパー
https://www.youtube.com/watch?v=DxgIhtGCB-0


続きを読む

1: Egg ★ 2018/05/27(日) 19:02:54.82 _USER9
芸能界きってのサッカー通として知られる歌手の小柳ルミ子さん(65)のテレビ解説に、サッカーファンから激しい「ブーイング」が飛んでいる。

1bcf2bbf

日本時間2018年5月27日未明に行われた欧州チャンピオンズリーグ(UCL)決勝のテレビ中継(フジテレビ系)で、副音声のゲスト解説を務めた小柳さん。
試合を左右するミスを犯したGKへのコメントをめぐって、「イライラする」「最低限のリスペクトもない」などの声がインターネット上に寄せられたのだ。

■辛らつコメント「私だってあんなミスしないよ」

UCL決勝はレアル・マドリード(スペイン)が3-1でリバプール(イングランド)を下し、史上初となる3連覇を達成した。試合の流れを決めたのは、リバプールのGKカリウスのプレーだった。

0-0で迎えた後半11分、カリウスが右サイドの味方へとアンダースローで投げたボールが、近くに迫っていたレアルFWベンゼマに弾かれ、先制点を決められた。
2-1のビハインドで迎えた後半38分には、正面に飛んで来た相手のロングシュートを取り損ね、決定的な1点を献上した。

こうしたミスを連発したカリウスは、試合終了後にピッチに倒れ込んで号泣。
その後、涙を流しながらサポーターの陣取るゴール裏まで向かい、両手を合わせて謝罪した。この姿にサポーターからは、激励の大きな拍手が送られていた。

小柳さんの解説がサッカーファンの間で問題視されたのは、ミスを犯したカリウスへ辛らつなコメントを連発したからだ。例えば、レアルの先制点となったスローミスについては、

 「ベンゼマの1点目。あれなんかさ、私だってあんなミスしないよ」
 「本当に信じられないミスですよ。考えられないミスですよ。正直言うよ、こんなミスする人に仕事任せられませんよ」

と酷評。さらには、レアルが2点目を決めた場面でも、カリウスに対し「何でもっと手を伸ばさないの!? 」「ちょっとこの、カリウスってダメでしょ」「説教しとくわ」などと怒りのコメントを連発していた。

◆C.ロナウドは「人として好きじゃない」
 
以前からレアルのライバル・バルセロナの大ファンを公言している小柳さん。
それだけに、UCL決勝の解説でも「リバプールびいき」だったのではないか、との指摘もネット上には寄せられている。

例えば試合中には、レアルのFWクリスティアード・ロナウドについて「人として好きじゃない」とのコメントをする場面も。続けて、
「(バルセロナの)メッシは人として、本当に最高の人間性なの。(ロナウドは)素晴らしいアスリートってことは認めるけど、でも私は人間性が好きじゃない。
人間性が伴わない人は、私は尊敬できない。仕事ぶりを見てれば分かるでしょ」などの持論を展開していた。

こうした一幕もあり、今回の小柳さんの解説はサッカーファンの不興を買うことに。
ツイッターやネット掲示板には、「本当に不快でした」「イライラが止まらねえ」などの批判が相次いでいる。

サッカージャーナリストで解説者の小澤一郎氏も27日昼のツイッターで、 
「本当にサッカーや選手へのリスペクトがある人であれば、今朝カリウスが犯したミスを一喝する、嘲笑うだけで終わることはできないはず」と指摘。その上で、

「副音声とはいえ最低限のリスペクトもない人を『サッカー好き有名(芸能)人』という理由でキャスティングするTV局の古い慣習はこの時代、もう終わりにしませんか?」
と痛烈に批判していた。

ただ一方で、小柳さんの奔放な発言に好感を抱いた人もいたようで、ツイッター上には「私はめっちゃ楽しめました」「副音声だし問題ないんじゃないか」との意見も出ている。

JCAST-NEWS 5/27(日) 18:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000006-jct-ent

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180527-00000006-jct-000-view.jpg

動画 試合ハイライト スカパー
https://www.youtube.com/watch?v=DxgIhtGCB-0


続きを読む

1: pathos ★ 2018/05/27(日) 11:13:28.52 _USER9
20180527-00764963-soccerk-000-3-view

 チャンピオンズリーグ決勝が26日に行われ、リヴァプールは1-3でレアル・マドリードに敗れた。リヴァプールの公式サイトが26日付でユルゲン・クロップ監督のコメントを伝えている。

「レアル・マドリードにおめでとうと言いたい。もちろん今はとても残念な気分だ。けれども、私は人生の中で多くの試合に勝ち、また多くの試合に敗れてきた。だからこの感情の対処法は分かっている。これがフットボールというものだよ。勝つために全てを出して戦ったが、準備段階での努力が不足していた。この結果をしっかりと受け止める必要がある」

 続けて、クロップ監督はミスから2失点に関与してしまったドイツ人GKロリス・カリウスに言及した。

「彼のことを非常に気の毒に思っている。望んでミスをする人間なんていない。確かにミスは明らかなものだったが、私たちがそのことに口出しする必要はないよ。なぜなら、彼自身自分がミスしたことを分かっているからだ。彼はこの問題に対処し、再び立ち上がらなければならない。もちろん、私たちは彼をサポートし続ける。そのことに疑いの余地はない」

 また、クロップ監督はレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとの接触プレーで負傷し、31分にピッチを後にしたエジプト代表FWモハメド・サラーについてもコメントした。

「負傷したシーンは少しばかりレスリングのように見えたが、彼は不運だった。他の選手たちも明らかにショックを受けていたよ。しかし、このようなことが起こり得るのがスポーツなんだ。前半の内容が素晴らしかっただけに、彼がプレーを続けられたなら結果がどうなっていたかは分からない。けれども試合はもう終わったんだ。私たちは1-3で試合に敗れた。それが全てだよ」

qRW2SFc

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00764963-soccerk-socc

サラーは「肩の靭帯捻挫」 エジプト協会が検査結果発表、W杯出場は「楽観的」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180527-00106536-soccermzw-socc

【サッカー】CL決勝前半、リヴァプールのサラーがラモスから関節技を決められ負傷交代
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527363812/

続きを読む

1: 豆次郎 ★ 2018/05/27(日) 05:38:10.90 _USER9
UEFAチャンピオンズリーグ
FINAL
レアルマドリード×リヴァプール

20180527-00764839-soccerk-000-3-view

レアル・マドリッド 3-1 リヴァプール


【得点者】
カリム・ベンゼマ (後半6分) レアル
サディオ・マネ (後半10分) リヴァプール
ガレス・ベイル (後半19分) レアル
ガレス・ベイル (後半38分) レアル


https://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/top/41

続きを読む

↑このページのトップヘ